YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

太①さん地図読み講習会  目国内岳

森の熊さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山歴は10年程になりますが、それまでは年に数回ほどの山行でしたが、2年前の冬、自宅近くの手稲山でお会いしたAさんと半年間ほど道内の山をご一緒させて頂き、山の素晴らしさを教えて頂きました。それから、はまってしまい、今では年に40~50回程登っています。
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

ニセコアンヌプリ・イワオヌプリ・チセヌプリ

2016/03/15(火) 21:45

 更新

太①さん地図読み講習会  目国内岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/15(火) 06:10

2016/03/15(火) 12:08

アクセス:397人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,142m / 累積標高下り 3,141m
活動時間5:58
活動距離10.20km
高低差738m
カロリー2789kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は依然より狙っていた目国内岳へ講習会登山に行ってきました。朝6時に登山口の
新見温泉に集合。やったあ、ピカピカの晴天。登山口から真っ青な空の向こうに目国内岳の
頂上がはっきりと姿を見せています。さあ行くぞ。冬は通行止めの道路を10分程歩き、左の
沢へおります。まだまだ丈夫そうなスノーブリッジを渡りやや右に回り込みながらポコを目指し
登ります。そこから右方向には目国内岳の頂上が青空の中にくっきりと見えるので頂上目指し
直登。頂上直下でスノーシューからアイゼン、ピッケルに交換。数分でいよいよ頂上到着。
やったあ、着いたぞう。360度の絶景。だけどだけど、さすが目国内岳。凄い風。
お~いみんな飛ばされないように気をつけるだぞう。と、太①さん。でしたが。あれあれ
なんとその風に負けじとあれこれとポーズを変えながら写真を撮りまっくているではありませんか。さすが山男、そして気合の入った山ガール達。そこで太①さんも負けてはいません、岩の上に
上がっての雄叫び。狭い頂上であれやこれやの大騒ぎ。さあさそろそろ下山ですよう。太①さんの
一言で早速下山開始。ここもさすがです、一声で先ほどの大騒ぎからあっという間の下山。
振り返ると先ほどの頂上が小さくなっていました。おなかが減ったよう、今度は森の熊さんの
一声でみんなで風よけの穴を掘り、ゆっくりと山ランチです。とっても疲れましたねえ。
パクパクモグモグ、美味しそうにのんびりと食事。そして勿論下山は尻滑り大会ですが、この日は
雪が軟すぎ思うように滑れません。でもでも、適当な斜面を見つけ滑りながらの下山でした。
今日も太①さん、そして楽しい仲間たちのお蔭で素敵な景色楽しい登山ができました。
みんなありがとう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン