YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三鈷峰から大山をみる

ほんじ~さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山が大好きです!基本、ソロですが寂しくなるとコラボに参加します。一人気ままな山登りが好きです。
    よろしくお願いします。
  • 活動エリア:広島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:広島
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:未経験
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2016/03/21(月) 01:43

 更新

三鈷峰から大山をみる

公開

活動情報

活動時期

2016/03/16(水) 06:12

2016/03/16(水) 12:08

アクセス:230人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,224m / 累積標高下り 469m
活動時間5:56
活動距離4.77km
高低差762m
カロリー2437kcal

写真

動画

道具リスト

文章

夜中、何度も窓から空を見て願いましたが、残念っ、暗い鈍曇りのスタートとなりました。
去年と同じ大山寺参道を上がり宝珠尾根を歩いて三鈷峰に行くコースです。
宝珠尾根は、若いブナ林の山で心地よい道のはずですが、悪いブッシュが道を覆い、悪戦苦闘の連続でした。
それでも中~上宝珠の間は時折日差しもあり、右の荒々しい大山北壁とでーんと構える左上の三鈷峰を撮りながら、
難関をクリアしつつ時々いい景色を見れる楽しい山行でした。
去年もそうでしたが、上宝珠越からユートビア尾根までの横伝いでは、不慣れな自分はかなりビビりました。
何度も立ち止まっては、ここで滑ったらずっ~と行ってあそこまで行くだろうなと考えながら・・
尾根から三鈷峰は、ふみ跡もない新雪の中を進み、途中一か所だけ右側を巻いて難なく三鈷峰へ到着です。
う~ん、ここからの大山北壁を撮りたかったんです。去年はスマホでした。
ちょうどパノラマで1枚取ったその後、カメラは完全死亡してしました。その後の写真はゼロです。
すぐに風が強くなり、そのためかいつの間にか他の登山者は急にいなくなりました。
そそくさと山ラーメンを済ませた後、強風の中自分も急ぐように下山にかかります。
帰りは砂すべりを降りましたがあまりに急斜面で、アイスクライミングみたいな垂直斜面に感じました。
後ろ向きになってピッケルとアイゼンを効かせながらすこしづつ降りて行くような格好です。
元谷まで降りると、ここから見上げる大山北壁はまさに圧巻でしたよ、写真はありませんが。残念です。
後ろを何度も何度も振り返りながら元谷小屋を過ぎ、林道を歩いて大山寺に戻りました。
しかし登りは6時間下りは2時間、何なんだこの時間差は、恐るべし「砂すべり」でした。
2日連続の山行で身体はきつかったですが目的の「三鈷峰から大山をみる」ことができてよかったです。
もちろん来年もまた三鈷峰に来るつもりです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン