YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

唐松から五竜へ 一日目

ほしちゃんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:冒険できる大人になろう!!と2014年に山を20年ぶりに登ってみました、すると(三浦さんの言葉と同じですが)目の前の人生がキラキラと輝き始めたのです。冬の3000メートル峰単独で行動できるよう鍛錬しております。皆さんも自分の心が作る狭い枠から1歩外へ踏み出してみませんか。
    今まで知ることはできなかった別次元の世界が広がっていることに気付きます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳

2016/03/19(土) 19:36

 更新

唐松から五竜へ 一日目

公開

活動情報

活動時期

2016/03/17(木) 08:48

2016/03/17(木) 17:02

アクセス:803人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,378m / 累積標高下り 722m
活動時間8:14
活動距離7.80km
高低差852m

写真

動画

道具リスト

文章

今シーズン、最後の雪山レポートです。今回は唐松から五竜への縦走路、そして五竜岳です❗
テント担いでどんな山旅になりますか。
白馬まで夜行高速バスで向かう。大学生の新人合宿パーティーは栂池から白馬岳まで四泊五日で大きいザックを担いできらきらした瞳で話してくれた。懐かしいナァ〰〰🎵
高速バスって快適なんですね。高速バス山行ありかも❗
 天気をねらってきた人も多く、八方尾根ゴンドラはスキーヤーよりも登山者の方が多かった。高速道路トレースが出来ていて楽に唐松まで上がらして貰いました。
さあ、これからが本番!天空の回廊だ!
五竜に向かう人は、自分だけみたい❗気を引き締めて行くぞ!
 出発は12時40分、ヤマレコレポートで三月に入った人がいるので、その後寒波は来ているがトレース消えても安心感はある。
あとは覚悟だけ!
ルートは半分明確、半分手探りで大黒岳でもハイマツ帯の雪面をヒヤヒヤで下りたり、欲しい場所ではクサリは埋没しておりダブルアックスでクライムダウンしたり、岩稜を回り込むのに雪をかき分けて突破したりして思いの他時間がかかる。正直、このルートは縦走路なので、状況次第で潔く撤退か続行か判断しなくてはならない。
バテバテになりなんとか白岳のトラバース道まで来てようやく安心できた。五竜山荘到着16時40分、唐松から4時間の行程だった。
へとへとでテントをはる場所を探すが、本当にここに来る人が少ないみたいで快適な跡地便乗大作戦は失敗!雪を掘り掘りする体力もなく、すると見つけました🎵
 天然のクレーター雪壁でテントが容易く張れる場所を発見!
この時はまだ無風で夜中に吹き出した大風の事をしる由もない。
 二日目の五竜岳アタックに続きます。
しばし、お待ちくださいませ🎵

ここまでお読み下さりありがとうございました🎵  

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン