YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

田ノ浦からの田ノ浦コースではないところから

ikkoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は20年以上になる熟女です。
    最近は足腰が弱ってきて、お気楽ハイキングがメインとなりつつあります。
    登山中で一番怖いのはスズメバチ、次に熊です。
    その次は山には関係ないですが、幽霊です。
    若い頃はよく見ましたが、今はまったく見えなくなりました。
    聞くところによると、純真な心の状態の時に見えやすいとか。
    今のわたしは心も年齢と共に汚れてきているようです。
    でも、山に登れば心が洗われます。
    残念なことに翌日にはまた心は…
    その繰返しです。
    そして、また山に行きたくなるわけですね。
    四季を通して身近な山に登ってます。
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

角田山・弥彦山

2016/03/19(土) 04:19

 更新

田ノ浦からの田ノ浦コースではないところから

公開

活動情報

活動時期

2016/03/18(金) 11:30

2016/03/18(金) 14:30

アクセス:261人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間3:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー1115kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日はお休みなのでゆっくり休んでいるつもりだった。
でも、窓の外を見れば青空が・・あ~、また山がわたしを呼んでいる。
と言うことでお昼近くに弥彦山を目指して出発。
樋曽山登山口を通って行ったのだけど、駐車場は満車で
そこに停められなかった車が何台も路駐をしている状態だった。

でもわたしが向かっている田ノ浦からのコースはそんなにたくさんの人は登っていないはず・・・
まして一般のコースから登るわけでもない。

たぶん、登山口近くの駐車場は満車だろうからと下の大きな駐車場に車を停めて歩き出した。
そこから10分ほど砂利道を上がると駐車場があって、4~5台の車がとまっていた。
県外ナンバーの車もあってちょっとびっくり。

わたしは一般のコースではなくて林道を歩いて行く。
30分近く歩くかなぁ?
高度を上げて行くと海とその向こうに佐渡が見えてくる。
山は真っ白け!!
思わずズームで撮っちゃう。

さて林道を上がって行くと大きなカーブのところで両側に山が現れる。
もちろん弥彦側の山に登るのだけど、取りつきがちょっとわかりづらい。
曲がってすぐによく見ると階段状になってるところがある。
そこから上がれば意外にも明瞭な踏み跡が続いて行く。
誰にも会わないだろうと思ったら夫婦と見られるお二人に遭遇。
その人たちはユキワリソウの写真を撮るのが目的らしく上に登って行く様子はなかった。

誰にも会わないと思っていて会えばびっくりするけど
登るわけではないのか・・・とわかるとちょっとガッカリするのはなんでだろうね?


わたしがここを初めて知ったのはもう10年以上も前のこと。
最初のころはわざわざ藪漕ぎをして登って下りていたものだった(^-^;
あまり人が来ないので自然そのままという感じなんだよね。

今日登って思ったのはちょっとユキワリソウの数が減ってるような?
前はもっといっぱいあったのになぁ。
まぁ、10年以上も前の記憶のことだからはっきりとは言えないけど。

このコースは急登が続いて、そしてアップダウンもあって結構キツイ。
イヤ、以前はキツイなんて思わなかったな。

弥彦山まで明瞭な踏み跡が続いているのだけど、さすがに3日連続で山に登ったのでちょっとお疲れモードに突入しちゃった。
弥彦山と田ノ浦方面へ下って行く分岐となる三角点があるところまでで今日は引き返すことにした。
また久々にこのコースで弥彦山まで行ってみたくなっちゃった。
時期を外すと藪になってしまうので、次はいつ行けるかわからないけどね・・・

明日からの3連休はお仕事で山には行けない(-_-;)
皆さま、楽しい山旅を(^^♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン