YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

掃部ヶ岳 融雪の時期は辛い(-_-;)

Tadさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:沖縄から出張で東京へ。。(沖縄には山らしい山がないので)出張の間に登りまくります(^o^)

    Youtubeページ:https://www.youtube.com/user/Tad0706
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

榛名山・天狗山・天目山

2016/03/19(土) 15:14

 更新

掃部ヶ岳 融雪の時期は辛い(-_-;)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/19(土) 12:14

2016/03/19(土) 15:13

アクセス:136人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 623m / 累積標高下り 632m
活動時間2:59
活動距離3.42km
高低差393m

写真

動画

道具リスト

文章

久々に榛名山にやって来ました❗
榛名湖に着いて、さて、どの山に登ろうかと思案。。一番標高の高い掃部ヶ岳にしました。前回登ってなかったので、
駐車場のトイレはこの時期閉鎖されてました。別のトイレを使う必要があります。
駐車場をでて、ちょっとで硯岩登山口につきます。登山口から入るとしばらくして硯岩との分岐です。硯岩まで100mらしいのですが、急坂な上に融雪で非常に登りにくい(-_-;)
木の根に捕まりながら何とかこけずに硯に着きました❗よく見かける榛名湖と榛名富士のコラボの写真の景色です☺
しばらくうろちょろしたあと、元の分岐に戻りました。
今度は掃部ヶ岳に向かいます。が、こちらは木の階段が続きます。楽勝な感じにきこえますが、よく登山道にある木で土砂の流出防止の階段です。実際は土砂は流出してるので、まるで障害競争のハードルみたいです。
途中、登山道が合流した辺りから尾根道になります。ここからは着れ落ちているので転ぶと怪我は免れません。が、融雪で全然グリップが効きません。
木の根や岩につかまりながら何とか頂上にたどり着きました❗
誰もいませんので景色を独り占めです。この日は麓に霧が立ち込めて、霧のなかに浮かぶ妙義山が幻想的です。そして、遠くの残雪残る浅間山もきれいでした☺
頂上で弁当を食べて、うろちょろして、30分ぐらいして下山しましたが、下山は途中の分岐を湖畔の宿記念公園側に下ります。こちらは登ってきた道より、さらに人の気配がなく、且つ、笹も多く、そこに融雪と粘土質のミックス状態で、滑るのなんのって。。(-_-;)
3回はコケました。登山口にたどり着いたときは手もズボンのお尻も靴も、、とにかくあちこちが泥だらけになりました。(>_<)
で、泥と汗を洗い流そうとゆうすげの湯に向かったところ、、営業時間が3時までとなっており、5分だけ間に合わず、他の温泉を探すことになりましたΣ(゚д゚lll)。
融雪の季節、掃部ヶ岳に登る際は汚れても良い格好で行かれたほうが良いです(^^;

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン