YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大佐飛山・黒滝山【栃木百名山】

にんにんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:体力維持のため、栃木百名山に登り始めました。
    登り始めて感じていますが、栃木県には魅力的な山がたくさんあるかと思います。その素晴らしさを少しでも伝えることができたらとても嬉しいです。

    今回、第一回目の高原山から荒海山までの山登りで、なんとか100座の山を報告することができました。
    自分としましては一冊の本になるような感じで、重複しないように100座の山々にチャレンジして登ってみました。また他の本にはないちょっと変わった視点で登ることにも心掛けてみました。

    もしこれから栃木百名山を目指す方がいましたら、少しでもご参考になれば幸いだと思っております。
  • 活動エリア:栃木
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

那須岳・茶臼岳・赤面山

2016/04/28(木) 06:19

 更新

大佐飛山・黒滝山【栃木百名山】

公開

活動情報

活動時期

2016/03/20(日) 04:10

2016/03/20(日) 14:06

アクセス:339人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,860m / 累積標高下り 3,857m
活動時間9:56
活動距離17.21km
高低差1,026m
カロリー5025kcal

写真

動画

道具リスト

文章

[感想]
大佐飛山に登りました。この大佐飛山に登るのは初めてで、栃木百名山の中でも憧れていた山の1つだったので、今日はその夢が1つが叶いました。

特に大佐飛山に至る尾根を「天空の回廊」とも呼ばれていて憧れの存在だったので、実際この目で見ることができとても感動しています。

ただこの大佐飛山に関しては「栃木で一番遠い山」「栃木百名山の中でも最難関の山」だとも言われています。その理由として、大佐飛山は自然環境保全地域に指定されていて、人の手が加わっていない自然の状態そのままの地域であること、また冬季以外は笹藪で覆われており残雪が残るこの時期にしか登れないことなどハードルが高く、登る時期、天候の見極め、また周到な準備が必要な山だとも言われています。

登山道入口は梯子のある入口が計3ヶ所程ありますが、今回登った案内板のある新登山口が、一番距離が短いとの情報だったので選択しました(路肩に7台程止められます。下山時はほぼ満車でした)。またトイレはどこにもありません。

登山道に関しては雪尾根に踏み跡があるので分かりやすいかと思いますが、個人的に道迷いしそうな場所として①サル山から山藤山への入り口(2枚目の案内板から入っていきます。見落し注意です)②大長山から大佐飛山への入り口(尾根をそのまま直進したくなりますが、山頂から右折する感じで進みます)、この2ヶ所だと思いました。やはり絶えず地図で確認することが大切だと思います。

また各ポイントの通過時間に関しては写真にある時間を参考にして頂ければと思っています (景色と天候が良ければもう少しゆっくり登っていましたが)。また一緒に登り始めたパーティーもほぼ同じ時間に下山していました 。

装備に関してはいろいろと考えました。やはり雪道の長時間のアップダウンが続くので、必要なものを必ず入れ、とにかく軽装備を心掛けました。一番悩んだのがアイゼンで、12本爪は重く足に負担がかかるので、今回は軽アイゼンを選択しました(今年は雪が少ないという事前情報と、ダメなら引き返そうという気持ちで選びました)。ワカンに関しては、この位早い時間に出発するのであれば、雪も凍っており結果的に必要なかったです(重いので黒滝山でデポしました)。また今回は体力自慢の息子と行くことで、緊急時に必要なツェルト、救急セット、バーナーとガスカートリッジ(緊急時に雪を融かし水分を確保すため)等は共有し、軽くすることに努めました。

栃木百名山の中でも戦略が求められる大佐飛山。天候、時期、装備、判断、いろいろなことが試される山だと思います。天気はあまりよくなく残念でしたが、単純に「行って帰ってこれた」というだけでも、いろいろなことが体験できとても満足しています。大自然を体感できる大佐飛山、やはり憧れの山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン