YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

今度は北播磨の小野アルプス!

不良中年Ⅱさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:シニア世代なのに街と山をウロウロの不良です。元気なうちに日本百名山を登り切ろうと、2015年の夏から1年間、オレンジのハスラーで全国の山へ出かけ、61~99座を終えました。○○症候群にならないよう、登れない阿蘇山は大切にしまっておきます。これからは近場の低山、アルプスのバリエーション、気になる二百名山などをめざします。冬山でも頼りになり、全国のヤマッパーと交流できるYAMAPに感謝しつつ、しばらく不良を続けます。
  • 活動エリア:大阪, 兵庫, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:岡山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小野アルプス(紅山・惣山)

2016/04/25(月) 01:42

 更新

今度は北播磨の小野アルプス!

公開

活動情報

活動時期

2016/03/21(月) 08:44

2016/03/21(月) 12:51

アクセス:508人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 831m / 累積標高下り 827m
活動時間4:07
活動距離13.06km
高低差168m
カロリー1711kcal

写真

動画

道具リスト

文章

最近アルプスづいている。
連休最後の日、11のピークがあり、最大傾斜60度の岩尾根があるという「小野アルプス」(兵庫県小野市)へ出かけた。

■登山口~アザメ峠
白雲谷温泉ゆぴかの駐車場に車を停めて出発。
高山~前山~愛宕山~安場山~アザメ峠へ。小刻みにアップダウンしながら、120~130mのピークを越えていきます。下りのロス感や登りのしんどさはなく、どんどん歩けます。
アザメ峠でいったん車道に出る。このときYAMAPルートを外れたが、車道を北に歩き元の道へ復帰した。

■アザメ峠~惣山~紅山~福甸(ふくてん)峠
アンテナ山あたりから、南に広がる山と池、市街地、淡路島、大阪南部の山などが見える。
惣山(198.9m)は「小野富士」と呼ばれる小野アルプスの最高峰。
惣山を越えたあたりからハイライトの紅山が見えてくる。最大傾斜60度と聞いたけど、横から見ると45度ぐらい。最初は立ったまま登れるけど、2/3あたりから傾斜を増すので、岩に手を添えながら登った。
岩にへばりつくおばちゃんが「先に行って、でも落ちて巻き添えにしないでね」と言うから、「こっちがそれを心配してまんねん・」と笑うしかなかった。
登ってしまえばどうってことない。でもこの岩尾根があるから「怖いもの見たさ」でみんな来るんだ。
そのあと3つのピークを踏んで福甸峠へ。

■福甸峠~来住(きし)集落~小野町駅付近~白雲谷温泉ゆぴか
福旬峠からは、ひたすら平地を歩いて登山口へ戻る。
車が走る一般道を歩いて、女池、男池(鴨池)の間を抜け、来住(きし)の集落へ。
播磨風土記に出てくる「伎須美野(きすみの)」が今の来住になった。北の西脇市に来住(きし)の姓が多いのは、秀吉が三木城を攻めたときに小野の一帯も焼き討ちにしたので、来住一族が四散したと、畑仕事の男性が教えてくれた。

来住の集落から前谷川沿いに東へどんどん歩いた。前谷川は、童謡「春の小川」を思い出させる、自然のままの川です。
鍬渓神社の鳥居あたりから山を切り開いた道に入る。市場駅近くの集落から山裾へルートを取り、そのまま白雲谷温泉ゆぴかへ。

登山開始時には10台ほどだった車は、温泉目当ての人で100台ぐらいに増えている。
せっかくだからと風呂へ。建物を低く抑えた配置、ゲート風のアプローチ、温泉内の動線など、よく考えられている。

■帰路は観光
時間がたっぷりあるので一般道を北上し、先週登った三草山の麓にある朝光寺(加東市)に寄った。奈良時代に三草山に近くに建てられていた山岳密教の建物は、義経が三草山一帯で平家を討ったときに消失し、鎌倉初期に現在地に建てられたとか。市民ガイドさんの案内で本堂(国宝)、鐘楼(重要文化財)、多宝塔などを見せていただいた。

■また行きます
11の低いピークのアップダウン、ちょっとスリリングな紅山の岩尾根、池や小川を眺めながらの里歩き・・縦走3時間、戻り1時間、計4時間のおすすめのハイキングコースです。千里の低山仲間とまた行きます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン