YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

冬山初登山はソロで赤岳~感動と涙でした

けいさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:アウトドア全般好き。非日常を求め広く浅く楽しんでいます。子供の頃は祖父の影響で毎年御嶽山へ登っていました。そのせいか大人になってからまた登山がしたくなり始めました。八ヶ岳をホームにしています。独学で冬山も始めました。よろしくお願いいたします。


  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/03/22(火) 19:24

 更新

冬山初登山はソロで赤岳~感動と涙でした

公開

活動情報

活動時期

2016/03/22(火) 07:36

2016/03/22(火) 15:22

アクセス:298人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 34,737m / 累積標高下り 34,699m
活動時間7:46
活動距離178.91km
高低差19,793m

写真

動画

道具リスト

文章

また人生初の本格冬山登山。アイゼンとピッケルもっていつかはと夢見ていました。
行者小屋までは下見しておいたのでそこまでは安心でした。
いよいよそこから準備を整え出発しました。体調もまあまあでしたので登頂目指し文三郎尾根を確実に登っていきました。天気は最高、時折風が強かったですが素晴らしい景色を見ながら急な尾根をのぼりました。
しかし、やはり初心者には想像以上の精神力と体力を要しました。それはここで雪崩がおきたらこわいな、というか所が3ヵ所くらいあったからです。
そして、最後の十メートルに一番怖い場所があり、大げさかもしれないですが一ミリ滑ったら数百メートルは滑落しそうに崖になっていました。このような場所が続くようならもう進めない、引き返そうと思いましたが、何故かたまたまそこにいたあの男性が山頂はすぐそこだよと言ってくれました。もしその一言がなかったら諦めていたかもしれません。ありがとうございました。そこの下りは怖すぎて泣きがはいりました。
そこをすぎた時の安堵、生きて帰れると思いました。行者小屋で食べたお昼は忘れません。美味しかったです。
大変でしたがそのぶん感動と成長があったような気がします。
情けないですが一人で赤岳に冬に日帰りできたことは自信につながると思います。
次はもっと勉強してから行きたいと思います。
人生で特別な日となりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン