YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

男池から花散策のつもりでしたが・・・

宿六さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/03/28(月) 23:05

 更新

男池から花散策のつもりでしたが・・・

公開

活動情報

活動時期

2016/03/26(土) 08:46

2016/03/26(土) 15:02

アクセス:117人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,215m / 累積標高下り 1,222m
活動時間6:16
活動距離8.22km
高低差807m

写真

動画

道具リスト

文章

週末の空き日に中々天気に恵まれず、山は暫く行けませんでした。
26日は天気が良さそうなので花散策のつもりで、夜明け後の明るくなった6時過ぎに自宅を出ました。
今の時期咲いているはずであろうユキワリイチゲ(まだ見た事がない)を探しに男池へ!
9時前よりスタートし、登山道脇をキョロキョロしながらゆっくり歩きますが、花との出会いがありません。
最初の出会いはハルトラノオ?初対面です。バイカイソウはあちこち群生しています。
ソババッケまで散策ついでに大戸越(うとんこし)まで初歩き(坊ガツルからは何回も来てますが)、ついでに平治岳まで足をのばしました。
ところが、ソババッケ手前よりいつもよりきつく、息切れも感じますが久しぶりの登山なので体がなまったなーとしか思わず、喘ぎながらようやく大戸越につきました。
体はしんどいですが、荷物をデポすれば山頂に行けると思い平治岳まで、ミヤマキリシマの時とは違い静かな山の良さを感じました。
大戸越に戻り昼食後お天気で暖かく思わず20分位昼寝をしました。
帰りの霜柱が溶けたドロドロの登山道を注意しながら下りますが、この頃から倦怠感やふんばりが利かない感覚が出始めますが、まだ久々だからと思ってました。
なんとか登山口のたどり着き帰路に着きました。(なんと温泉にはしっかり入って帰りましたよ)
帰宅後夕飯も食べれず熱を計ると37.5度、微熱です。だぶん1日これだったと思います。
後日病院に行きましたがインフルエンザではなかったです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン