YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の回廊 大佐飛(おおさび)

羊さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:子育てが終わり時間に余裕ができました。
    四季の景色や花を楽しみながら山歩きをしています。
  • 活動エリア:栃木
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

那須岳・茶臼岳・赤面山

2016/05/12(木) 12:29

 更新

雪の回廊 大佐飛(おおさび)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/26(土) 04:23

2016/03/26(土) 15:38

アクセス:512人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,676m / 累積標高下り 1,664m
活動時間11:15
活動距離16.98km
高低差1,034m
カロリー4139kcal

写真

動画

道具リスト

文章

残雪期限定の山、大佐飛に行ってきました。

自然環境保全地域で登山道が有りません。登山道が有る黒滝山から先は残雪期にのみ尾根を伝って登る事ができます。
例年は雪が締まって歩きやすくなる4月中旬に訪れていますが、2月後半からの記録がネットに乗り、今年は雪が少なくてまるで4月後半のよう?えぇー!早く行かなくちゃと焦り
ました。

前日に雪が降っていたようですが、無理なら引き返そうと出掛けました。
登山口には2番目で到着、すぐに3台ほど到着、ヘッデンを点けスタートします。
梯子を上り植林地の急登は地面が乾いていて助かりました。

大長山から先、山頂まで雪が柔らかく、1時間ほどの道程に1時間半かかりましたが、ワカンを着けていた人は一人でした。

黒滝山手前から単独の男性3名と2人組の男性に先行してもらい、ゆっくりペースの私たちは後を追って行きました。
今回は休まずゆっくり歩く事を心がけて歩きました。先行の方が休んでいると追い付いてまた一緒に歩き始め、先行してもらい、また追い付くといったペースでした。
山頂を後にする頃、単独の男性3名到着、その後の下山途中に10名位スライドしました。

雪解けが進むと、下山時にぬかるんで苦労しますが、今回はその様な事が無くて歩きやすく助かりました。

出発時はかなり寒く、しっかりとハードシェルを着込んでいましたが、日中はフリースになったり、その上にフーディニを着て風を防いだりと体温調節に忙しい一日でした。
ハイドロのチューブが凍ってしまい、なかなか解けませんでした。これは課題です。

天気が半日持てば良いと思っていましたが、
風穏やかで雲もなく、素晴らしい眺めを堪能して、長〜く歩いてきました。
ここを歩くと今年も元気に歩けるような気持ちになります。

48278歩の山歩きでした










コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン