YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲上の湯 日本最高所野天風呂とリベンジ東天狗岳(八ヶ岳)2日目

fumiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/04/01(金) 17:35

 更新

雲上の湯 日本最高所野天風呂とリベンジ東天狗岳(八ヶ岳)2日目

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 08:10

2016/03/27(日) 11:18

アクセス:77人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 742m / 累積標高下り 1,244m
活動時間3:08
活動距離5.91km
高低差576m
カロリー1296kcal

写真

動画

道具リスト

文章

3/27(日)

朝6時に起こされる

確か朝食は6時半のはず・・・
そういえば昨夜、飲みの席で朝食前に宿の石楠花の湯に入ると言っていた

朝からはずっと混浴タイム

いったん布団にくるまったが、飛び起きてタオルを持ち温泉へ・・・
やはり、重たい頭には風呂が一番

脱衣所にはおじさんが2名出るところだった。

誰もいない温泉にゆっくり浸かる
雲上の湯の硫黄泉とは違い、ここ石楠花の湯は鉄分を多く含んだ茶色い湯

身体の芯から温まる

テントと違い朝から食事を作らなくていいのが嬉しい
まあ・・・テント泊の時は朝飯は食べないしなぁ~



今日は下山するだけなので気が楽だ!

別に急ぐことも無い

朝食後に、もう一回温泉へ・・・
お湯がいいので何回でも入りたくなる

8:10出発
今日もいい天気、予報だと少し悪そうだったが、昨日よりいいかも

のんびり、ゆっくり歩く
時間に追われないで自然の中で歩くのは本当に気持ちがイイ

七色にキラキラ輝く雪の結晶、囀る鳥の声、枝から落ちる雪の音
全てが愛おしくなる

林道からの登り返し
ゆっくり踏みしめながら登る

後は、しらびそ小屋までの横移動

9:43しらびそ小屋着
ここでコーヒータイムコーヒー

リーダーがスポンジケーキを出してくれた。。
甘いものとコーヒーが体に染み渡る

小屋の餌場には野鳥達にリスが戯れている

繁殖時期なのだろうか?4匹のリスが木を登ったり降りたりしながら戯れている
遊んでいるのか?縄張り争いか?メスの争奪戦か?

そんな光景をコーヒー啜りながら眺める

何とも贅沢な時間だ

身体が冷えてきたので重い腰を上げて出発

ここからは下るだけ
九十九折れの場所はショートカットして進む

11:18無事駐車場着
直ぐ近くの稲子湯に向かう

懐かしい・・・
3年前、八ヶ岳全山縦走を途中撤退して下山後に立ち寄った温泉

そう言えば、あの時話ししたおばあさんは元気だろうか?

あの時は・・・
おばあさんの一言で本当に救われた。

あの言葉で自分自身、納得し諦めがついた。。

ここの温泉も鉄分を含んだ湯
源泉は冷たく沸かしている

熱い時は源泉の冷たい湯(水)を入れるのである
だから温泉成分は薄まらない

泉質は申し分ない


残念ながら、おばあさんの姿は、見えなかった
元気でいてくれているといいなぁ

中央方面から帰る車と上信越方面から帰る車となので、ここで解散

2日間とも晴れて山頂も踏めたし
何しろずっと素晴らしい景色の中を歩くことが出来た

それに雲上の湯にも入れたし
泉質の違う3ヵ所にも入れた。。


八ヶ岳は何かいいよなぁ
北アルプスほど大きくなく、それでいて苔むした樹林帯に岩場あり

中山峠を境に植生や景観がガラリと変わる

色々な自然がギュッとコンパクトにまとめられた八ヶ岳

いつ来ても癒されて落ち着く

夏にまた来れるかなぁ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン