YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

低山へ。20140930 竜ヶ岳

てっちゃんさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2014年夏から始めた登山も、まもなくまる2年になります。
    北アルプス、岐阜県内の低山、鈴鹿セブンなど、近所の山をいくつか経験できました。

    山をナメてはいけない。睡眠不足をナメてはいけない。車酔いはどうやっても治らない。
    私は、午後にならないと本気が出ないのだと、よく自覚しておくこと。
    荷物は必要最小限。要・不要の見極めが多少出来るようになりました。


    今年も、白山と、西穂高に行きたい。そして、御在所の岩を登ってみたい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

釈迦ヶ岳(鈴鹿)

2014/10/03(金) 01:31

 更新

低山へ。20140930 竜ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2014/09/30(火) 12:38

2014/09/30(火) 15:41

アクセス:199人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,647m / 累積標高下り 2,359m
活動時間3:03
活動距離5.87km
高低差1,175m

写真

動画

道具リスト

文章

ここ最近、ケータイの調子が悪く、
道中で、何度もyamapアプリが停止→再起動→軌跡の喪失が発生。

結局、山頂から、下りだけの記録ができました。

低山だと侮ってはいけませんね。
様々な登山ルートをとっても、距離のある急登に遭遇します。
岩場にも何カ所か遭遇しました。苦しかったです。


また、土砂に埋まってしまった砂防ダムを、
端の鉄ハシゴを登る箇所もあり。

ハシゴ20段は、なかなかの高所。
振り返れば、ぎょっとする高さでした。

竜ケ岳は、山頂付近の独特の植生がおもしろいです。
樹木がなくなり、笹ばかり。
視界が急に開けて、中空の野原にいるように感じます。

下りは、易しいです。
小走りで、尾根や樹林を進んでいけば、
気楽に余裕を持って下山できます。

この山に、もう一度行くなら、
水・行動食をいつもの半分にして、身軽に行っても良さそうでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン