YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ヘルズゲート(地獄の門)をくぐって、間欠泉へ~ ロトルア

はっちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2011年、富士山、木曽駒ヶ岳、立山連邦などから、登り始めました。
    2012年に、標高ベスト5まで、登り、その時の、北岳から、間の岳縦走に、稜線歩きの魅力にはまり、槍ヶ岳の山頂では、360°の山陵と、東西南北に連なる、縦走の道にひかれました。
    2013年には、穂高のつり尾根
    2014年には、表銀座から、大キレットを歩きました。
    山を始めたのが、51歳で、週に1回登っていましたが、今は、家族の状況などで、月に、1回となり、ガシガシ登ることは、できなくなってしまいましたが、これからも、神々しい山々の景観に、心震わせる感動できたらと思います
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

ロトルア

2016/03/27(日) 20:56

 更新

ヘルズゲート(地獄の門)をくぐって、間欠泉へ~ ロトルア

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 04:01

2016/03/27(日) 12:50

アクセス:217人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,515m / 累積標高下り 7,320m
活動時間8:49
活動距離303.06km
高低差632m
カロリー1707kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝、オークランドバスセンターから、インターシティセンターという長距離バスに乗り、ロトルアにきました。所要時間4時間余り
イースターホリデーということもあり、混雑してます。
ヘルズゲートへ向かいます。ドライバーとガイドさんと、私たち夫婦で、気楽に旅が進みます。
ロトレア湖は、北海道の洞爺湖と同じくらいの大きさです。一部硫黄で、黄色い湖岸があるそうです。
ブラックスワン、カモメ、カモが、沢山いました。
ロトレアは、温泉繋がりということで、大分の別府と、姉妹都市となっています。
人口 6万5000人、ニュージーランドで、10番目の街とのこと。
人口の1/3が、マオリ族で、マオリ族の人口比率が、一番高い街です。

産業は、観光と、林業が、盛んです。
道路からも、植林された松林が見えました。
ニュージーランド北島は、雨が、多く、ラジアタ松が、植林されてます。
成長が、早く、建材になるまでに、日本では50~60年かかるのに対して、こちらは、20年で、成長するとのこと
よって、年輪の、間隔が、広くさながら、バームクーヘンのようだそうです。

緑の中をドライブし、念願の、ヘルズゲートに着きました。
マグマで温められた
熱水が、地下の岩石を溶かしながら、地表に涌き出ているような、沸き立つ泥湯の、荒涼とした景色に、足が、止まります。
火山密集地帯ならではの、神秘の光景❗
ヤッホー❗
敷地内の散策コースは、別府の地獄巡りと比べると、距離や、面積は、その比ではなく、広大です。
色は、グレーが、ほとんど
泡が、ひっきりなしに、ぷくぶくし、100℃近いものもありました。
スパでは、水着着用で、入浴できますが、日本人には、少し、刺激が、強いとのことで、足湯で我慢
それでも、充分、汗をかきました。
硫黄は、殺菌作用もあり、泥は、汚れを吸着して、肌を綺麗にしてくれるようです。
マヌカティと、蒸しパンのおやつを食べて、間欠泉のあるテプイヤに行きました。

テプイヤには、
大地熱地帯に、9つの間欠泉があり、到着後その二つを、すぐに、見ることができました。
ヤッター( ☆∀☆)
念願かないました(●^o^●)
しかも、青空バックです。
最大時は、30㍍まで、吹き出すそうです。
見たかった風景に、出会うことができて、幸せです。
なだらかな坂道を進むと、温泉の滝もあります。シダや桜、椿に、マヌカと、緑の道に癒されます。
涌き出る温泉の池や、噴気孔など、間欠泉とともに、地球の息づかいを感じる場所です。
マオリ族のコンサート「マイオラ」を鑑賞し、キウイセンターで、キウイをほんの一瞬、目にすることが、できました。
マオリ族のことも、キウイのことも、前々から、興味深く思っていたので、ここで、少し、理解を深めることが、できました。
良いお天気に恵まれ、ホリデーで混んでいたけれど、日本と比べれば、気にもなりません。大自然とマオリ族の文化に触れる良い旅でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン