YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

瑞牆山へ

rさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:何事も日進月歩でがんばります
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2016/03/28(月) 19:02

 更新

瑞牆山へ

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 15:41

2016/03/27(日) 15:41

アクセス:201人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

今回は携帯電話のGPS機能がうまく使えず、
ヤマップの時計機能もなぜか消えてしまったので大体の覚書です。
どこで使い方を間違えたのだろうか。少し悲しい。

5:30分ごろ瑞牆山山荘駐車場から出発する。
天気は非常に良かった。

6:40富士見平小屋につく。
瑞牆山登山道を行く。雪が残っているのでアイゼンを装着する。
凍った沢を上る箇所があり、サクサクとアイゼンが入るのは心地よかった。

しかし、梯子を上るときや 岩を上る際は注意が必要だった。
特に岩を上る際はアイゼンが邪魔になりなんどか脱着を繰り返し道を進んだ。
雪が残っていたり凍っていたりする一方で地面がもろに出ているところもあるので
足場には気を使った。

10:00山頂付近で道を間違える。
山頂への道を見逃し奥に進んで可能な限り進み時に何の装備もないのに岩を登ろうとしたり
変な道を下ってみたり、植物で道がふさがってるようなところをよじ登ったりして
いろいろ危険な目にあった。
少し戻ったら普通に山頂への道があった。

10:30山頂でゆっくり休憩する。
何名かすでにいらっしゃっており私もその中の一名になった。30分は山頂の景色を楽しんだ。
この前の金峰山ではこうゆうことはできなかった。
太陽もよく当たり、風は強かったが山から優しさを貰った気がした。

3:30分ごろに駐車場につく。
下りが相変わらず弱く足を引きずるようにして降りた。
それでも前回よりはだいぶ楽だったが
足のトレーニングが本当に必要だなと思った。

装備を解き、車中で1時間ほど寝る。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン