YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春山 単独行 真木林道ー甘露水口ー薬師岳ー和賀岳 往復

嶋脇光男さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:主に単独を好みます。山はやはり、冬場が一番登り応えがありますね。
    登るしかないじゃない!
    新ブログ
    http://simawaki.wordpress.com
  • 活動エリア:岩手, 青森, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:青森
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

和賀山塊・和賀岳

2016/05/01(日) 08:28

 更新

春山 単独行 真木林道ー甘露水口ー薬師岳ー和賀岳 往復

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 06:29

2016/03/27(日) 18:36

アクセス:400人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,255m / 累積標高下り 3,296m
活動時間11:37
活動距離27.02km
高低差1,293m
カロリー5080kcal

写真

動画

道具リスト

文章

和賀岳は、僕にとって秘境、憧れの山の一つである。去年、真木林道が通行止めになっているという情報もあったので、現地の「倉田ガイド」にメールをし、アドバイスや助言を戴き、往復林道歩き四時間を想定し、出発は最低でも6時半、14時前に和賀の山頂に辿り着けなければ引き返すことを決めた。山行は快晴だったことも、幸いし、山頂へは、ぎりぎり14時前には到着、車には18時半に戻ることができた。日帰りでの駆け足の登山でゆっくり山頂に滞在することは無く、景色をずっと見ている余裕もなかったが、和賀岳の奥深さを改めて知り得た山行となったことも付け加えたい。         総評 視界が悪い場合、たっくらの水場から稜線に登るさきが迷いやすいと感じた。薬師岳への稜線も雪庇の踏み抜きに注意が必要。そして、このコースで雪がある時季の和賀岳登頂は、かなり、体力が必要で健脚者向け、更に雪の状況によっては上級者向けになると思われました。
   

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン