YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

20160329初春の宮城蔵王・後烏帽子岳

みーすけさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 長年、住んでいた京都を離れて地元に戻るや、山歩きをするようになり、山々の景色や高山植物に魅せられ、その楽しさにハマってしまいました。下山後に温泉の入浴が出来た時には、もう何も言うことはありません(笑)。
    現在、蔵王山(宮城県側)の登山を基本に、近年は遠足もしています。勿論、日帰り入浴も楽しんでいます。また、皆さんの登山記録もとても楽しく参考にさせていただいております。
    宜しくお願いします(^^)v
  • 活動エリア:宮城, 福島, 山形
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:宮城
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

蔵王山・雁戸山・不忘山

2016/06/22(水) 09:59

 更新

20160329初春の宮城蔵王・後烏帽子岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/29(火) 09:02

2016/03/29(火) 14:31

アクセス:181人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,035m / 累積標高下り 1,058m
活動時間5:29
活動距離9.24km
高低差1,004m
カロリー3026kcal

写真

動画

道具リスト

文章

20160329、宮城蔵王・後烏帽子岳
快晴で風穏やかで山歩き日和となった3月29日、宮城蔵王・後烏帽子岳を目指した。春本番とはいえ、雪で覆われた山はまだ衣替えをしていない。雪山で遊ぶ期間も残り僅か、融けゆく雪を名残惜しみつつ冬山を満喫した。

スタート地点となるえぼしスキー場の駐車場付近は、スキー滑走ができないほど雪が少ない。
まず、ゴンドラとリフトに乗り、えぼしスキー場チャレンジコースまで向かう。ここから後烏帽子岳を目指すのだが、雪が少ないため、用意していたワカンを使わず、ずぼ足で歩くことにした。

コースを確認しながら山頂を目指す。標高が上がるにつれて視界が広がり、北西に刈田岳・五色岳・熊野岳が重なるように見えた。

後烏帽子岳山頂に到着すると、南に雪を身に纏った雄大な屏風岳が顔を出した。北西方向には朝日連峰の峰々…。神々しい雪山の景色に、いつまでも眺めていたいとさえ思った。雪山の荘厳さは実に清々しい気持ちにさせてくれる。

【コース】えぼしスキー場〜後烏帽子岳
9:02えぼしスキー場・ゴンドラ乗り場(ゴンドラ・石子ゲレンデリフト利用)
〜9:31石子チャレンジコース・リフト降り場出発
〜10:33 1583m付近〜10:53後烏帽子岳山頂到着。
11:15後烏帽子岳山頂出発〜11:20昼食(1661m)。
11:52出発〜12:34石子ゲレンデリフト降り場
〜13:18石子ゲレンデ「かもしか食堂」
〜(千年杉コースへ)〜13:50 沢〜14:00千年杉
〜14:31えぼしスキー場・駐車場到着。
参加者6人【天候】快晴
【状況】気温が高く風は穏やかで、絶好の登山日和。山頂付近から南に蔵王・屏風岳、北西に刈田岳・五色岳・熊野岳、遠くに朝日連峰を見ることができた。雪面は緩んでいて多少足がとられるものの、カンジキを履かなくとも歩ける。【備考】暖かく雪が少ないとはいえ、ストック、カンジキ、防寒着は必要。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン