ひろちゃんさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:山登りをはじめて数年経ちます。
    が、ずっと初心者のままです(笑)

    登山中は、辛くて何度もくじけそうになります。
    それでも、花や鳥たちに元気をもらいながらたどり着いた頂上で見る景色、それは登ってこそ味わうことの出来る喜びと感動です。
    それがあるからこそ、また次も・・・。

    つれあいと仲良く!?
    の夫婦登山です。(^-^;
    焦らず急がず、周りの景色と花を楽しみながらゆっくり、ゆっくり歩いています。

    ここで皆様の活動記録を拝見して、自分たちの山行きの参考にさせていただくことも多くあります。

    昨年、がんが再発してしばらく山登りができませんでしたが、治療もひと段落、自分の体と相談しながら、また近くの山から登り始めました。

    たくさんの皆様にフォローしていただき、うれしく思うと同時にとても感謝しています。
    コメントやいいねをいっぱいいただきながら、なかなかお返事できなかったり、見過ごしていることが多いです。
    どうかお許しをm(__)m

    これからも、つたない私の活動日記を見てもらえたら幸せです(*^^*)

  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 活動エリア:公開しない
  • 出身地:福井
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/12/28(水) 08:46

 更新
長野, 富山, 岐阜

西穂独標

活動情報

活動時期

2016/03/29(火) 08:40

2016/03/29(火) 16:21

ブックマークに追加

アクセス

553人

文章

積雪期の西穂高岳に登りたいと思っていました。
でも日帰りでは西穂高岳まで行くのは難しい。

ならば、せめて西穂独標まででも行ってみたいと思い、朝5時前に自宅を出て3時間半。新穂高ロープウェイの鍋平乗り口の登山者用駐車場に車を止めました。本来なら料金がかかるようですが、まだ駐車場がシーズンのオープン前で、無料でした。 (^_^)v

午前9時15分始発のロープウェイに乗り、7分ほどで西穂高口駅に到着。ここまでは、登山者以外の観光客(ほとんどが中国人)がいっぱいで、ロープウェイも混みあっていました。

さすが、ここまで上がってくると辺りは一面の銀世界。
さっそくアイゼンをつけ、まずは西穂山荘目指して登山開始です。

登山道は、雪もしっかりありますが、踏み跡もしっかりついているので、迷うこともなくスムーズに小屋に到着しました。
お昼も近かったので、ここの名物「西穂ラーメン」をいただきました。生麺を使用しているということで、シコシコとした食感がまた良かったです。(^○^)

そして、独標まで再び登山開始。

山荘から独標の直下までは、雪もしまっていてさほど危険な所はなかったのですが、直下の20mほどは、急登で雪も氷も張り付いてアイゼンの爪を立てて、一歩一歩慎重に進みました。

念願の独標登頂!

やった〜〜!!

もちろん、そこから見る大パノラマは、登った者しか見ることのできない絶景。

近くには、上高地、焼岳や霞沢岳、乗鞍岳など。
遠くは、白山や中央アルプスなども見ることができました。

北アルプス、やっぱりすごい!!


標高図は、駐車場からロープウェイに乗って往復していますので純粋な登山の時間ではありません、お許しを。。m(_ _)m

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間41分
  • 活動距離活動距離13.66km
  • 高低差高低差1,567m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,746m / 1,675m
  • スタート08:40
  • 2時間12分
  • 西穂山荘10:52 - 11:46 (54分)
  • 1時間32分
  • 西穂独標13:18 - 14:04 (46分)
  • 24分
  • 西穂山荘14:28 - 14:51 (23分)
  • 1時間30分
  • ゴール16:21
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン