YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

韓国岳 霧の火口周回 南九州山行旅行1日目、2日目

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

霧島山・韓国岳・高千穂峰

2016/04/08(金) 01:38

 更新

韓国岳 霧の火口周回 南九州山行旅行1日目、2日目

公開

活動情報

活動時期

2016/04/02(土) 10:41

2016/04/02(土) 17:15

アクセス:711人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,932m / 累積標高下り 1,925m
活動時間6:34
活動距離10.99km
高低差562m
カロリー3775kcal

写真

動画

道具リスト

文章

春休み山行第2弾として南九州の百名山に行ってきました。

※ゆかりんさんの軌跡利用

4/2(1日目)
神戸発は0:00頃。妻と交代で運転して、本日の宿泊地のえびの高原キャンプ村到着が9:30ごろ。そこに車を置き、徒歩5分のビジターセンターで登山届を提出して登山開始。天候は晴れでしたが、韓国岳の山頂は霧に覆われていて見えませんでした。登っている最中に霧が張れ始め、6合目あたりですれ違った下りの人から、山頂では桜島が見えたとの情報が。期待に胸をふくらましながら山頂を目指しますが、再び霧が現れ始め、山頂に到着した時には火口も全く見えないくらいの霧でした。

もともと火口を周回と火口底に下りることを予定していましたが、この霧では火口底は難しそうです。霧が晴れることを願いながらとりあえず火口を回ることにします。しかし、深い霧のせいもあり、これが意外と大変でした。北峰まではまあまあルートも見つけやすかったのですが、その先爆裂火口を通って7合目まで行くところは迷いまくってだいぶ時間を使いました。ゆかりんさんの軌跡を利用させてもらいましたが、GPSのみでは難しく、コンパスを多用しました。それでも、霧のせいで地形がわからないのでトライアル・アンド・エラーの繰り返しでした。ときには藪を漕ぎながら、妻や子供達と協力してルートファインディングをしていきました。結局最後まで霧は晴れず、火口底は諦めました。

せめて大浪池とその周辺のマンサクは見たかったのですが、大浪池周回は時間切れ。大浪池をチラッと拝んだだけで終わりました。

というわけで初の韓国岳は残念ながら消化不良に終わってしまいました。立ち入り規制の新燃岳を迂回する縦走路が完成したら、今度は高千穂峰までを縦走しに行きたいです。

4/3(2日目)
・えびのエコミュージアム(ビジターセンター)見学。見応えあり。
・二湖パノラマ展望台。白紫池、六観音池を鑑賞。
・温泉市場で軽食
・霧島神宮
・夕食の調達
・開聞山麓ふれあい公園へ移動(宿泊地)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン