YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

!サクラ ツツジ コブシ 他  百花繚乱 六甲山!

バカボンはじめさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:5歳の時に、親父と富士山へ上ってからの海より山男です。
    運動音痴なので、ほかのスポーツは大抵苦手ですが、登山だけは大好きです。
    足腰が続く限りは登り続けたいと思ってます。
  • 活動エリア:兵庫, 大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2016/04/03(日) 08:31

 更新

!サクラ ツツジ コブシ 他  百花繚乱 六甲山!

公開

活動情報

活動時期

2016/04/02(土) 08:10

2016/04/02(土) 17:35

アクセス:120人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,498m / 累積標高下り 4,457m
活動時間9:25
活動距離19.86km
高低差903m
カロリー6171kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雨の谷間をくぐって、お散歩です。

今回は、花見も兼ねているので、まずは有名な保久良神社起点でアプローチ開始。
真夏だと、気が遠くなりそうな、長い階段も、いまの季節は明るくて快適な階段です。
金鳥山東ルートから行く風吹岩への尾根ルートも快適です。
風吹岩に到着すると、例の親子と思われる猪に再会。
今回はお花見用にSLRと少し長めの玉を持ってきていたので、掲載写真が少しましだと思います。
やっぱりコンデジ系列とは速写性が違って安心です。(重いですが・・・・)
定番の横池(どうもヨコノイケと読むらしいです。ちゃんと住所が有るそうです)へ向かうと、まず歓迎してくれたのが、メダカの大群、そして昨年は見逃したオタマジャクシの大群です。
アメンボも元気に水面をすべっています。
雨ヶ峠で、ランチ休憩をとったあと、本庄橋跡上から七曲りへ。今回はちゃんと塩分&水分補給を心がけたので、足が痙攣する事もなく一軒茶屋へ到着。
麦酒&せんべいで小休止してから、一旦山頂へ向かい、縦走路西向きへ進行。さすが、メインルートは歩きやすいです。
西オタフク山山頂の南側で、何かの遺構の古い階段を上ってみると、そこはバードサンクチュアリー的な状況。キジはは鳴いているし、見えている範囲でも小鳥が数種。ああ三脚もって来れば良かったのにと思いました。
西オタフク山南斜面を下って、途中から西滝ケ谷ルートを高巻きするルートへ進行(少し荒れていますが、マークとトレースははっきりしていますので、迷うことは無いと思います)。
野趣あふれる斜面(少し滑りやすいです)を降りてしばらく谷沿いに行くと、大岩の下流側に二本橋が設置されている箇所が有り、橋を使っても使わなくても結構ですが、川を渡れば、住吉道の真下に出ます。
五助堰堤の少し手前に水場(写真有り)が有りますので、喉を潤して下山。(ちなみにこの水場の位置ですが、絶妙で、夏場 住吉駅側からアプローチすると、1時間40分程度で到達する距離で、丁度、水を0.5リットル程度飲み切った頃になりますよね。空ボトルにこの伏流水を詰めてリセットできます。ちなみに無濾過の生水は日持ちしませんので、当日使い切りがおすすめです)
堰堤を越えた所の公園の桜の巨木を鑑賞したあと、住吉まで下山しました。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン