YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪解け間近! 仙ノ倉山、平標山

ken3さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年に本格デビュー。新潟の他、2016年は東北の山々、谷川岳、長野県北部を中心に活動しています。

    〜〜〜 これまでの主な山行 〜〜〜

    ▲百名山 22
    八幡平(姫その1)
    岩手山(三ツ石山🍁に続く2座目)
    月山②(花コレ、リベンジ)
    蔵王連峰(コマクサ)
    飯豊連峰(YGK会4人2泊3日)
    吾妻山(夏山☀)
    安達太良山③(3コース)
    磐梯山④(YGK会他)
    会津駒ヶ岳(YGK会)
    燧ヶ岳②(フランス青年との出会い他)
    那須連山③(YGK会煙草屋泊、縦走フェス②)
    男体山(晩秋)
    谷川岳②(土合〜土樽縦走②)
    越後駒ヶ岳(夏山☀)
    巻機山②(真夏☀,初冬⛄)
    苗場山④(紅葉🍁、親子、残雪❄、ワタスゲ)
    火打山(紅葉🍁)
    妙高山(初雪❄)
    雨飾山(女神の横顔)
    高妻山(最後の急登最高~)
    四阿山(春山)
    富士山② (親子他)

    ▲2百名山 6
    栗駒山(姫その2破線ルート)
    帝釈山(YGK会3人)
    朳差岳(ハクサンイチゲ)
    八海山②(鎖場天国,YGK会3人☁)
    仙ノ倉山(平標~)
    守門岳(青雲岳〜袴岳〜大岳周回)

    ▲3百名山 2
    乳頭山(紅葉🍁)
    一切経山(五色沼)

    ▲その他
    ★岩手
    三ツ石山(紅葉🍁)

    ★山形
    姥ヶ岳(〜月山)

    ★福島
    三国岳:飯豊連峰(2人)
    大日岳:飯豊連峰(YGK会4人)
    雄国山〜猫魔ヶ岳(降雨祈願)
    蒲生岳(本名御神楽撤退:YGK会3人)
    箕輪山(安達太良山〜)
    田代山(~帝釈山YGK会3人☔)

    ★新潟
    頼母木山(朳差岳〜)
    弥彦山(合格祈願)
    守門大岳(東洋一の雪庇⛄)
    守門青雲岳(ニッコウキスゲ,ヒメサユリ)
    茂倉岳(谷川岳オキの耳〜)
    平標山(〜仙ノ倉山)②
    坂戸山⑥(親子他)
    菱ヶ岳:上越(残雪❄)

    ★長野
    根子岳(〜四阿山)

    〜〜〜 ハイキング他 〜〜〜
    ★秋田
    小安峡
    川原毛地獄♨

    ★岩手
    須川高原温泉🍁

    ★宮城
    奥松島:嵯峨渓🌅,大高森🍁,月浜

    ★福島
    尾瀬:御池~東電小屋(YGK会)🍁

    ★栃木
    龍王峡🍁
  • 活動エリア:福島, 新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:
  • レベル:中級者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/04/10(日) 07:09

 更新

雪解け間近! 仙ノ倉山、平標山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 06:55

2016/04/09(土) 13:22

アクセス:142人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,141m / 累積標高下り 4,138m
活動時間6:27
活動距離16.60km
高低差1,505m
カロリー3534kcal

写真

動画

道具リスト

文章

谷川岳の新潟端、平標山経由で仙ノ倉山に行ってきました。

午前は風が強い予報だったので平元新道側からの周回コースとし、また、仙ノ倉山へは初めから計画せず、体調と時間を見ながら判断する事とした。

登山口までは、舗装路、砂利道などの広い道をダラダラ登り、登山口以降はいわゆる登山道だが、場所により残雪あり。
特に山の家の裏斜面は早朝だったせいかアイゼンが有っても良いというくらいの締まり雪。ここは慎重に歩く。慎重のあまり、トレースが消え、目印のリボンが消え、あれっ?!と思った時には、登山道から離れたところに。YAMAPの地図を見ながら修正。山の家の真裏に出る事ができた。(GPSとYAMAPありがとう!)
道中スパイクも履かず登山靴だけで過ごすが、踏抜きはあるのでスパッツは必須。

平標山まで着くと時間もあったので、そこに荷物をおいて仙ノ倉山へ、360度の展望を楽しんで(1つ1つの山は分かっていない)再び平標へもどる。
いや〜行って良かった。

下りは松手山コース。
かなり急斜面のつづら折りで、膝に負担がかかる。
登りですれ違った方に「階段いっぱいあるよ」とは聞いていたが、ここを登って来たのか…
想像だけで乳酸が溜まる。

途中、周りは雪が残っているのに、何故か蝶が先行する。しばらく癒やされる。

踏抜きに注意しながら下って行くが、4月とは思えない温まった空気が下から上がって来て、容赦なく体力を奪う。
先行されてた方も「暑くて…」と言っていた、でもおじさん、その上着脱げば?とは初対面の方には言えず、先に行かせてもらう。
そういえば、私もおじさん(汗)

途中、送電鉄塔の固定台で休憩をとり、最後の気合いを入れるが、膝が痛い。油切れか?
何とか痛みに耐えながら下山。下山すると不思議と痛みが消える。

それにしても、下りでこれ程疲れるとは…。
歳かな?修行が足りないのか?
花の季節に入ったら今度は逆周りにも挑戦したい。











コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン