YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

富士山を見たくて百名山雲取山

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/04/10(日) 18:30

 更新

富士山を見たくて百名山雲取山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 06:03

2016/04/09(土) 13:56

アクセス:983人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,992m / 累積標高下り 1,956m
活動時間7:53
活動距離20.01km
高低差1,310m
カロリー3149kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週は雲取山へ行ってきました。

4月に入り2度目の週末、雪もいい加減飽きてきたので、雪の無い山へ行こうと考えていました。
久しぶりに富士山も見れたらいいなと、思い付いたのが雲取山でした。
情報では雪は無いとの事、後は天気次第です。
天気予報では、土曜日 晴れ後曇り、大丈夫そうです。
富士山が見えるかは運次第ですが。

23時に家を出発 中央道で勝沼 青梅街道を鴨沢 村営駐車場に2時半着
駐車場には車が10台程でした。朝まで仮眠します。

5時30分 この頃には駐車場の車も20台位に、出発して行く人もいます。
6時には出発出来るように準備を始めます。

6時 出発
登山口までは道路を10分程歩きます。
ここから登山道に入って行きます。

暫くは、杉の植林の中を歩いてきます。
さほど傾斜も無いので、少し早いピッチで歩いて行けます。
先週まで登っていた雪山とは違い、とにかく暑い汗が止まりません。

7時10分 水場
杉の木に 水と書いた看板があり、そこを少し山に入った所に水場があります。
水の量も豊富で、勢いよく出る水が 金色に輝く鍋にたまり・・・なぜ鍋???
後に水場はもう1カ所、七ツ石小屋に向かう途中にありますが、そこにも同じ鍋があったんです。
生活感の乏しいこの山の中で、何故鍋が使われたのか 謎です。(笑)

7時30分 堂所
杉やヒノキの植林から次第に雑木が増え、ここには沢山の馬酔木が在ります。
中には花を咲かせたのもあり、目を楽しませてくれます。
道はこの辺りから傾斜を増してきます。

8時10分 七ツ石山経由雲取山方面と雲取山(巻き道)の分岐
ここで、巻き道で行くか七ツ石山経由で行くかの選択になりますが、ヘタレの私は、ここは迷わず巻き道を行きます。
トイレなど小屋へ寄りたい方は、七ツ石山経由になりますが、かなりの急登を覚悟してください。
巻き道では、今日の目的富士山が枝の隙間に時々姿を見せてくれます。

8時45分 ブナ坂
いつの間にか傾斜も無くなり、明るく開けた尾根に出ます。
幅20m位の樹木の無い空間、防火帯が尾根に永遠と続いています。
ブナ坂とあるが、実際にはブナよりもツガの木が多い様に感じます。
防火帯で開けたブナ坂を登って行くと、常に左手側に富士山が見えています。
生憎の薄曇りですが、しっかり見えています。見れて良かった。
富士山から右側に目を移すと、南アルプスも甲斐駒ケ岳から聖岳まで見えています。

9時15分 奥多摩小屋
ヘリポートを超えると、テン場が現れます。道を挟んで両側にスペースが在ります。
ここからも富士山が良く見えます。

小屋を過ぎた辺りから急登が始まります。
巻き道が在るところもあるので、それを利用するのも良しです。

10時20分  雲取山 山頂 2017m 到着 \(^_^)/ヤッター
山頂は、山梨県と少し先に行った所に埼玉県と東京都の山頂標識が有ります。
眺望も良く、富士山・南アルプス・大菩薩連嶺・奥秩父の山々を見ることができます。
富士山も朝よりは雲が多くなったものの、美し姿を見せてくれています。

景色を眺めながら、お昼ご飯を食べ下山を始めます。

11時 下山開始
ブナ坂まで戻り、朝回避した七ツ石山へ向かいます。
20分程急登を登ると、七ツ石山 頂上でした。
富士山は雲に隠れてしまっているし、見どころは特にありません。
七ツ石小屋へ向かって下山します。

12時30分 七ツ石小屋
小屋番はいるようですが、営業していませんでした。
張り紙によると、4月1日より丹波山村営になりました。営業再開に向けて準備中との事です。
トイレと水場は使えるようです。

14時 駐車場着
無事下山できました。

雲取山 ロングコースでした。
この山は、山小屋あり、テン泊あり、避難小屋ありと、多彩な選択肢があるのでゆっくり登るのも良いかもしれません。

ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン