YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース試走

でぃーこじさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:野球部からの、トレイルランナーです。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

丹沢山

2016/04/09(土) 17:09

 更新

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース試走

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 08:53

2016/04/09(土) 17:06

アクセス:113人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,809m / 累積標高下り 3,820m
活動時間7:53
活動距離32.11km
高低差1,156m

写真

動画

道具リスト

文章

湖畔園地(0km)~早戸川橋(青い橋、4.5km)
標高にほぼ変化はないけど、細かいアップダウン、カーブが多い。
無理にパスしようとすると足を使う区間。
汁垂橋・汁垂隧道2km、金沢橋(こげ茶色)3km。

早戸川橋~本間橋(第一関門、10.0km)
徐々に斜度が上がっていく区間。早戸川の釣り堀は自販機がある。
ゲートを過ぎたあたりから歩き出す人が増えてくる。
三日月橋から先は15%以上の坂道が続く。

第一関門→トレイル入口
第一関門ではトイレやエイドがあり、ゆっくりしがちだけど、
この先の1kmの魚止橋から未舗装路、1.5kmのロープ場からシングルトラックのトレイルと、
追い越しが難しくなる。

トレイル入口~榛ノ木丸
トレイルの入り口に入ると、榛ノ木丸までは上り一辺倒。
岩場の先の沢を渡った先、造林小屋の先は慣れていないとコースをロストする。
(久々に来たら、ロストしました笑)
造林小屋からフェンス沿いに至るまでは急登。

榛ノ木丸~姫次分岐
榛ノ木丸を過ぎると、下りや走れる部分が出てくるけど、
すぐに登るので焦る必要なし。
後半は広いトレイルなので、遅い人はここでパスできる。
草場に入ると、数百m先が姫次分岐、そこから下り基調。

姫次分岐~太平分岐
気持ちよく走れるトレイル。分岐は右、右と進む(避難小屋除く)
梯子のようなトレイルがある部分は滑るので注意。
試走の際、唯一他のハイカー、ランナーと出くわした区間。
なお、コースは姫次分岐を右折だけど、左折すると数分で姫次へ至る。
試走の際はここで休憩。

太平分岐~太平(第二関門)
約2.3kmの下り区間。モノレールをくぐる部分が中間点。
中間点より前は急な下りなので、無理すると足を使う。
後半は走れる部分が出てくる。写真ポイントでもある。
なお、コースは太平分岐を右折だが、分岐を直進すると水場がある。

第二関門~松茸山入口
約3kmのロードを下る。
舗装路が出てきてほどなくすると水場がある。
終盤、徐々に下りがきつくなってくるので注意。
両サイドにガードレールが出てくる場所が「馬の背」、松茸山入口まで数百m。

松茸山
登りの序盤は緩やか。歩いている人も多いので、パスできるポイント。
後半は急な階段が出てくる。
山頂からは縦走区間があって、急な下り坂。太平やロードの下りを頑張りすぎると、ココがキツい。
正面に湖が見え出すと、下山口まで標高差約100m。その先で櫓が見えるが、そっちに行くと間違い。

松茸山下山~ゴール
下山口から200m弱で早戸川橋(青い橋)、ここからは往路と同じ。
ただし、ゴール前に会場の湖畔園地内を1周(約500m)するので、早戸川橋から残り5km。
この先は、往路でさほど気にならなかったアップダウンが応える。
金沢橋(こげ茶色)で残り3.5km、汁垂隧道で残り2.5km。
コース左脇に湖畔園地が見えてくると、残り1kmちょっと。
湖畔園地への入り口は、往路と違い階段を使う。
その後、園地を一周して、スタートゲートにスタート時と同じ方向から向かう。
スタートゲート直前で左折、直後に右折して、ベンチの前がゴールとなる。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン