YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

両神山(七滝沢コース、表登山道)

ゴマさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:職場の上司に連れて行ってもらったのをきっかけに山登りを始めました。
    関東近郊の山を中心に、大抵一人で登ってます。
    今のところ春〜秋の3シーズンのみで、なるべく登りと下りは別のコースを心掛けてます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

両神山・父不見山・南天山

2016/05/08(日) 19:45

 更新

両神山(七滝沢コース、表登山道)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/13(水) 06:12

2016/04/13(水) 12:21

アクセス:197人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,718m / 累積標高下り 1,682m
活動時間6:09
活動距離11.40km
高低差1,158m

写真

動画

道具リスト

文章

約4ヶ月も山に登れなかったので、今回はリハビリ登山です。
登ったのは地元埼玉の両神山。行きは七滝沢コース、帰りは表登山道です。

駐車場に6時頃到着。両神山荘の脇から登山道へ。
登山口からはずっと樹林帯の中、山道を進みます。
30分ほど歩くと表登山道と七滝沢コースの分岐がありますので、七滝沢側へ。

七滝沢コースはほぼ樹林帯の中です。
途中で赤滝、養老の滝、霧降の滝といった滝があり、なかなか見どころがあります。
滝の近くは湿気で足場が滑るところもあるので、やや注意が必要です。

しばらく進むと表登山道と合流します。
鈴が坂という急坂を登り、数箇所岩場や鎖場を越えると両神神社へ。
そこから30分程度登ると山頂に到着します。

山頂は狭いですが、景観は良いです。
この日はうすく雲がかかっていましたが、そのおかげで秩父の山々が幻想的に見えました。

下りは表登山道へ。
沢沿いに樹林帯を下ります。危険なところはありません。
途中清滝小屋があり、営業はしてませんが避難小屋としては使えるようです。


全体的にきついコースではなかったですが、久しぶりの登山だったせいか次の日筋肉痛になり、体力の低下を実感してしまいました...

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン