YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鎌ヶ岳 鎌尾根リベンジ

ドラキチさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:学生時代に少々山をかじりましたが卒業後疎遠に。5年前に春日井三山に登ったのをきっかけに山を再開。年を重ねないと分からない山の奥深さ、山の文化のとりこになりました。
    100球肩ならぬ5時間膝を抱えて低山を中心に活動しております。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

入道ヶ岳・仙ヶ岳・宮指路岳

2016/04/17(日) 08:21

 更新

鎌ヶ岳 鎌尾根リベンジ

公開

活動情報

活動時期

2016/04/16(土) 07:08

2016/04/16(土) 13:31

アクセス:308人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,483m / 累積標高下り 3,478m
活動時間6:23
活動距離8.98km
高低差908m

写真

動画

道具リスト

文章

昨年の秋、水沢峠の登山口を探す事1時間。登山口にたどり着いた時点で精神的に疲れはて、鎌尾根を断念。
これを契機に地図読みを習慣化。もう道には迷いません‼かも^_^;
それにしても、林道から橋を渡った先のトリックのようなペンキの目印は何とかならないものか?初めての人は迷いますよ、これは(~_~;)
水沢峠までは途中岩場もあるが、歩きやすい道。ここから水沢岳までが本コース一番の難所。ザレで滑ること滑ること、ふくらはぎに来ます。
水沢岳からの尾根歩きは、ずっと鎌ヶ岳が正面に見えて眺めよし。尾根はやややせてはいるものの、危険ではない。何度かアップダウンを繰り返し、最後の岩場を登り山頂へ。
狭い山頂は老若男女でいっぱい。ぐるり鈴鹿の山並みが爽快だ。帰路はカズラ谷コースへ。谷は名ばかりでほとんどが尾根道だ。これは下りには最適の歩きやすい道。
最後に3ヶ所の徒渉。疲れた足でジャンプして、左太ももがピキンとなりました。やれやれ(-_-)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン