YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

くっきり見えた月山へ☀

nao太郎さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山形県庄内地方に住んでます。母校の校歌に出て来る、鳥海山(高)、月山(中)を中心に、山歩きを楽しみたいと思います。
    よろしく(^^)/
  • 活動エリア:山形
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:山形
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

月山・姥ヶ岳

2016/04/20(水) 14:16

 更新

くっきり見えた月山へ☀

公開

活動情報

活動時期

2016/04/20(水) 10:36

2016/04/20(水) 14:14

アクセス:300人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,359m / 累積標高下り 1,405m
活動時間3:38
活動距離9.71km
高低差813m
カロリー1949kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今朝起きて、ケータイで鳥海山と月山のライブカメラ映像を見たところ、鳥海山はガスってる😔月山よくわからず窓からチェック☀見えた🗻軍配→月山(笑)
スキーと登山道具と、両方用意して出発。現地到着して、天気も良いし山頂目指すことに決定。リフトには乗らずに、スキー場の端を、邪魔にならないように登りました。ちなみに、こぶ斜面はまだ2レーン程です。ゴールデンウィーク過ぎには、端から端まで大なり小なり、こぶのレーンが出来るでしょう。少し気になったのは、リフト降り場から、大斜面に向かうルートが、低い位置に設定されてることでした。滑り出しの位置が、低くなってしまうな~と見てました。
リフト降り場からは、登るというよりも横に歩くという感じで、しばらく歩きます。そして急登スタート。
新雪が積もっている所は、下がかたく、アイゼン装着します。おそらく、薊坂と同じ位の斜度かもしれませんが、体力的に余裕が有るので、黙々と登ります。山頂には十数人はいらっしゃいました。鳥海山とはえらい違いです(笑)
下りは、急な部分は慎重に歩き、後は好きなように下って行き、駐車場へ。
リフト降り場から先は、風が強く体感温度は寒かったです。なので昼飯は、車まで下ってから食べました😅次回はスキーでこぶ滑るぞ!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン