YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

男体山 神剣は光らず

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日光白根山

2016/05/09(月) 00:54

 更新

男体山 神剣は光らず

公開

活動情報

活動時期

2016/05/01(日) 06:32

2016/05/01(日) 12:26

アクセス:540人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,391m / 累積標高下り 1,440m
活動時間5:54
活動距離7.90km
高低差1,208m
カロリー2768kcal

写真

動画

道具リスト

文章

4/30 丸沼高原を出発 金精峠を超え日光の二荒山神社中宮へ到着。
登山者用の駐車場は、2か所あり第一と第二駐車場があります。
第一駐車は神社の宝物館の裏側にありました。
第二駐車場は神社の左側にあります。
トイレに近いのは第二駐車場ですが、明日の朝まで過ごすには、人通りが無い第一駐車場が良さそうなのでこちらに停めました。

5/1 5時30分起床 身支度をしてトイレに行くと、神社の門は既に空いてました。
6時に出発するつもりでいたのですが、出かける間際に雨がパラパラと降りだしてしまい、止むまで少し待つことにしました。雨もたいしたことなく直ぐに止み6時20分神社に向かいました。

神社の門をくぐると右側に男体山登拝受付が在ります。登山届の様な物を書き500円の入山料を支払うと、お守りと案内図が書かれた紙を頂けました。
登拝門をくぐると、登山のはじまりです。

1合目まで 
階段がずっと続きます。

2・3合目まで
明るい木立の中で気持ち良いですが、ほぼ直登で情報どおりの急登です。

4合目まで
工事用の道路を歩きます。ここが唯一の休足場所でした。

5・6合目まで
相変わらずの急登です。振り返ると中禅寺湖が見え、唯一の励みになります。

7・8合目まで
ガレ場に変わるも相変わらず急登、手を使う場面もありストックは邪魔でした。

9合目・頂上 
ガレ場も終わり、傾斜も緩くなってきましたが、既に限界に達しようとしている足はとにかく重い。
頂上に近づくと、今日もガス・・・

山頂はガスがかかり、遠望はゼロです。たまに突風が吹き付け積った雪を巻き上げてきます。
一番楽しみにしていた山頂の大剣(神剣)は残念ながら光りません。( ノД`)シクシク…
風が吹き寒いので、二荒山神社奥宮に拝礼し下山する事にしました。

下山も、足の疲れなのかペースが上がらず、とても長く感じました。

男体山 一言で言うと アキレス腱伸びっぱなし
情報どおり急登の連続、白根山の疲れが残っているのか、相当疲れました。

日光遠征 二日間とも荒れた天気で、山頂でゆっくり出来ず少々残念でしたが、無事登頂、無事下山が出来たのが何よりです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン