YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

小川山経由の金峰山+五丈岩登頂

えどべりさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:2014年4月から始めました。
    スリリングな岩場のある山や変化のあるルートを登ることが大好きです。
    今年の夏は趣向を変えて、日帰りやテント泊でのロングトレイルをしてみたいです。
    そのために、春先はトレランで脚力を鍛えたいと思っています。

  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2016/05/21(土) 06:15

 更新
長野, 山梨, 埼玉

小川山経由の金峰山+五丈岩登頂

活動情報

活動時期

2016/05/03(火) 05:19

2016/05/03(火) 14:35

ブックマークに追加

アクセス

430人

文章

以前から金峰山の五丈岩に登りたいなと思っていたんですが、交通のアクセスが良くなく、中々行けませんでした。
しかし、連休中に1便だけ、廻目平行きの夜行登山バスがあることを発見!
これを使わない手は無いなと思い、行ってきました。

先ずは廻目平から小川山を目指します。
小川山は廻目平から見ると、かなり尖った岩峰の連続で、岩場が多いです。
岩場のてっぺんに立つと、金峰山や屋根岩が良く見えます!
マイナーな山のせいか、途中一組しかすれ違いませんでしたが、密かな穴場ですね。

小川山の後は、大日岩経由で、金峰山に行きます。
金峰山の稜線に入ると、猛烈な突風が吹き荒れてます。
風上に立っていると、息も出来ないくらいの凄まじさです。
煽られまくりながらも、何とか山頂に着きました。
富士山は見えませんでしたが、赤岳、大菩薩嶺など近くの山が良く見えました☆

そして、本日のメインディッシュ五丈岩に登ります。
鳥居の前でお参りした後、いよいよ取り付きます。
ネットの画像や動画サイトで事前に研究していたんで、登り方は理解しているんですが、いざとなると、やっぱり怖かったです( ̄▽ ̄;)💦
途中、厄介な直登が3回ほどありますが、2回目の登りでは、ホールドを見つけられず、一時は諦めようかと思ったほどでした。
でも最後は意地で登りつめ、何とか制覇!
てっぺんからは、先月登った赤岳がハッキリ見えたのが印象的でした。

【五丈岩の感想】
こちらは登山ルートではないため、鎖やボルトなどの補助は一切ないんで、かなり難しいです。
個人的には裏妙義の丁須の頭よりも、怖かったです。

3ヶ所ある直登では、三点支持ができず、腕力のみで上がる箇所もあるんで、登山の知識だけだと登るのはキツいと思います。
クライミングを多少でもかじってからでないと、ムリだと思います。

難しいのは登りよりも下りです。
降りられそうにないなと思ったら、潔く諦めるのが賢明です。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間16分
  • 活動距離活動距離17.81km
  • 高低差高低差1,091m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,931m / 2,977m
  • スタート05:19
  • -
  • 金峰山荘05:19 - 05:25 (6分)
  • 3時間56分
  • 大日岩09:21 - 09:35 (14分)
  • 1時間16分
  • 金峰山10:51 - 10:58 (7分)
  • 2時間37分
  • 鷹見岩13:35 - 13:47 (12分)
  • 29分
  • 富士見平小屋14:16 - 14:20 (4分)
  • 14分
  • 瑞牆山荘14:34 - 14:35 (1分)
  • -
  • ゴール14:35
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン