YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2016.05 鳥海山BC 猿倉口~七高山

コンタさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鳥海山・荒神ヶ岳・七高山

2016/05/04(水) 20:33

 更新

2016.05 鳥海山BC 猿倉口~七高山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/03(火) 07:42

2016/05/03(火) 15:06

アクセス:498人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,282m / 累積標高下り 1,249m
活動時間7:24
活動距離10.88km
高低差1,230m

写真

動画

道具リスト

文章

例年恒例の聖地巡礼!鳥海山BC!テレマーク&スキー!
除雪開通後GW、しかも好天が見込まれるピンポイント!
例年利用の祓川駐車場は前泊組を含めても激混みの予感が...的中..猿倉口からのハイクアップ(涙..想定内)
雲もなくナマあたたかい風もおだやか。好天も持ちそうなのでノンビリとスタート。
ときおりの冷却風が心地よく快適。
が、途中で地図を見ると「あれ?小屋までまだこんなにある...」
まぁそれでも順調に進み、徐々に祓川口からの登山者が見え始め、遠目には、さながら鳥海山に群がる蟻状態。負傷搬送なのか練習なのかヘリ救助シーンも!(詳細不明)
毎年、山頂直下の急登『舎利坂』で気力体力すべて持ってかれるので、様々のシーンを考え体力温存。
のつもりが、やはり手強い!高度を上げるにつれて強風とシール泣かせのシャーベット。けっこうなロス。このツンデレ感!たまらん!鳥海山の魅力と割り切る!
(同行の変態女子2名が先行して新山を登りかえして楽しんでたことは、サラッとスルーで..)
山頂では風もおさまり、ひとしきりフォトセッション。
さて下山。想像以上に走る雪で、気持ちの昂ぶりと滑りを抑えて安全に。
下りるにつれてストップ雪も目立ちはじめたが、先ごろの降雪と高気温のせいかベースまで気持ちよく。(当然、足はプルプル...)
帰りは『鳥海荘』のお風呂で癒され無事帰宅。

やはりビッグスケール!魅力たっぷり!LOVE鳥海!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン