YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

福智山系ハンモック泊縦走(採銅所~福智山~皿倉山)あるいは奥様恋愛相談室

wakatakeyaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:小さい頃から旅が好きでした。小3のとき自転車で隣町まで20kmを走ったのを皮切りに、中2では自転車による九州横断、高2からはバイクであちこち、高校を卒業し上京してからは全国をバイクでツーリングしました。20代になって欧州をバックパッカーとして1ヶ月半フラフラしたり。30代は九州に戻り、阿蘇や四国お遍路ツーリング等を楽しんでいました。

    山はソロが多いですが、長~く歩けると嬉しいなぁ。
    http://goo.gl/4SPJbS

  • 活動エリア:福岡, 大分, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

福智山・尺岳・雲取山

2016/05/09(月) 21:49

 更新

福智山系ハンモック泊縦走(採銅所~福智山~皿倉山)あるいは奥様恋愛相談室

公開

活動情報

活動時期

2016/05/04(水) 09:15

2016/05/04(水) 15:41

アクセス:207人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,285m / 累積標高下り 1,798m
活動時間6:26
活動距離14.75km
高低差793m
カロリー3205kcal

写真

動画

道具リスト

文章

GWも2連休しか取れなかったし、どこ行こうかな?
祖母傾山系も検討したけど、地震の影響でアクセスに時間がかかるので、福智山系を選択。そうだ、ヘネシーハンモックの実戦投入をしてみよう。採銅所駅から牛斬山~福智山~皿倉山の縦走ルートは9時間ほどで行ける行程だけど、あえて尺平で一泊しよう。

とすればスタートはゆっくり目でいいな。
早着した時の為にお酒もたっぷり持って行こう。ということで、水・食料・燃料を除いたベースウェイトで5.5kg。この山域は水場があまり無いので調理用1.5L+行動用2Lを加え、更に酒類1.2L(そんなに飲むか?)と食料を積んだパックウェイトでは約10.7kgになった。

採銅所駅を9時過ぎにスタート。
前回の北ア遠征で足が出来ているのか、思った以上のペースで午後2時にはテン場に着いちゃった。まだ日は高いけど、もう飲むしかない(笑)。酒を飲んでは本を読み、尺岳に登っては夕陽を眺め、焚火を熾してまた酒を飲み、結構ヘロヘロな僕。これはこれで気持ちいいんだけど…。

なにせ、ここは下界が近すぎる。
携帯の電波が入るのも良くない。独りを楽しみたいのに、下界と半端に繋がってる感じが落ち着かない。そう思ってたらLINEが入ってきた。妹の友達で幼馴染のコ(と言っても、もう40過ぎだけど)からだ。彼女からは時折LINEがあるのだけど、それはいつも悩んでる時、恋愛相談なんだ。

彼女は裕福な暮らしをしている奥様なんだけど、夫以外の彼氏がいる。
彼とはくっついたり離れたり、その度にお悩み相談がある。曰く、好きなんだけど構ってくれない。別れを切り出せばすり寄ってくる。もう本当に好きなのか分からなくなった。でも向こうからサヨナラを言われるのは怖い。これまでも何度も聞かされた話を、今回もループされる。

熾きになった焚火。
酒もタバコもあとちょっとしか残ってない。やることもないので、彼女のLINEに付き合ってしまう。で、いつものように説教してしまう事になる。

あのさあ、オマエっていつも欲しがってばかりやろ。自分だけ見て欲しい、愛して欲しい、会いたい、したい、って求めるばっかやん。欲しいモノが手に入らずに嘆くだけやん。大事なモノってのはさ、求めたら失うし、与えたら手に入るものなんだよ。なんで自分が欲しがってばかりいるのか、与えることが出来ないのかを、よく考えろよ。満たされない自分をヒトのせいにすんなよ。

そもそも僕に相談する事からして彼女は間違ってる。
それは僕が男だからだ。男は問題課題を解決しようと思考するイキモノだから、彼女が真に求めている「共感」をする事ができない。あ~、そうだね~。それは大変だね~。ツライね~。そう応えてあげれば良いだけなのだ。ホントは解決策を提示する必要はナイのだ。それなら別のヤツにLINEしたほうがいいのだ。

あれれ、酒もタバコも無くなっちゃったよ。
シングルモルトでも積んでくれば良かったなあ。ところで実は僕の暇つぶしに付き合わせちゃって悪かったな。おまけにずっと説教臭いこと書いてさ。人様に偉そうなこと言える人間でもないのに、ホント悪かった。そう書こうとしていたはずなんだが、例によっていつの間にやら寝たらしい。

さて、ヘネシー・ハンモックだ。
寝心地が良いのは当然だけれど、背中が意外と寒かった。その点を除けば、軽さといい早い設営といい、満足できた。雨の心配がない夏の林間テン場なら使える。実は今回、初投入したものがあと二つあった。一つはマンテンハードウェアの完全防水ザック「スクランブラーRT35」である。コイツは良い。ダウンシュラフなんて防水サックに入れずに、他の荷物の隙間にギュウギュウ押し込むのでいいんだから、パッキングが格段に楽だ。

もう一つは、スポルティバのボルダーX。
これのミッドカットは既に使っていたのだけど、今回はローカットモデルを入手。これが僕にはシンデラフィット。軽くて足さばきが楽だし、底の固さとグリップが僕好み。夏に企んでいる北ア遠征(ジャンに行きたい)もコイツで行こうと思った。

というコトで、今回も楽しい山行でした。
あとは僕に厳しくお説教してくれる妙齢の女性がいれば、もっと楽しい山歩きができそうなんだけどな~。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン