YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

笠取山

shinさん

  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波

2014/10/25(土) 19:55

 更新

笠取山

公開

活動情報

活動時期

2014/10/25(土) 07:45

2014/10/25(土) 13:29

アクセス:101人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,716m / 累積標高下り 1,760m
活動時間5:44
活動距離10.66km
高低差645m

写真

動画

道具リスト

文章

8時前に駐車場に到着。
駐車場は、この時点で満車状態でしたが、帰って来た時には、マイクロバスが何台かあって、路上まで溢れていました。
とはいえ、凄い混んでいたとまでは言えませんが。

登山道は、他の方の投稿のとおり、ものすごく整備されていて、まるで、公園の中を歩いているようでした^ ^
紅葉が見頃でとても美しく、この時期に来て、本当にラッキーでした^o^
往路はほとんど人に会いませんでしたが、流石に紅葉シーズンだけあって、帰路には多くの方と会いました。
往路は、ヤブ沢峠から、笠取小屋に行き、そこから笠取山に行きましたが、やはり、名物の最後の急登を目の前にすると写真とは迫力が違い、約30分間の急登を存分に楽しませていただきました^^;

急登を登ると、この日は、快晴で、秩父山系から南アルプス、富士山、丹沢山系まで、見渡す限り、山々が見ることができました。
いつもながら、見とれますね^_^
なかでも、富士山はやはり別格。
他の山々の追随を許さない存在感に見とれました。

笠取山の山頂は、急登を登ってから、五分くらい尾根沿いを歩くのですが、急にいつもの登山道になったので、少し慣れるのに閉口しました。尾根なので、注意が必要です。

この山頂からは、また東側に降りて、ショートカットコースで、急登の直下に戻るのですが、その途中に水干(みずひ)があり、多摩川の最初の一滴を撮影。
さらにその沢添いは南側に開けており、正面には富士山、登山道沿いには、赤い紅葉の木があり、皆さん立ち止まって、紅葉と富士山を撮影していました^o^
ここから、小屋に戻ったのですが、大賑わい。
さすが紅葉シーズンですね。
ここで、昼食のラーメンを食べ、下山。
帰りは別ルートでしたが、別ルートなので、飽きないで降りられました^_^
笠取山は、見どころも多く、ひかくてき登りやすい山なので、オススメです!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン