YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲取山にて初テント泊

あまねさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:2015年からボルダリングと登山をはじめました。今年は昨年よりも活動のフィールドを広げたいです。よろしくお願いします。

    これまで登った山など(2015〜)
    陣馬山→高尾山、畦ヶ丸、燕岳、常念岳→大天井岳、檜洞丸、宝満山、北横岳、武尊山、棒ノ折山、高水三山、雲取山、妙義山、小川谷廊下、祖父岳、水晶岳
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/05/07(土) 11:07

 更新

雲取山にて初テント泊

公開

活動情報

活動時期

2016/05/04(水) 10:27

2016/05/05(木) 15:38

アクセス:111人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,593m / 累積標高下り 2,571m
活動時間29:11
活動距離29.34km
高低差1,472m
カロリー5549kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ルート: 鴨沢〜ブナ坂〜奥多摩小屋(テン泊)〜雲取山山頂〜三条ダルミ〜三条の湯〜後山林道〜お祭

今年の夏の雲の平縦走へ向け、まずは足慣らしということで、雲取山にて初めてのテント泊に挑戦しました。登山前から山の天気は大荒れの予報で、出発当日の朝は最寄駅にたどり着くまでに猛烈な風雨にさらされ、山行に一抹の不安を覚えました。しかし、奥多摩へ向かうにつれて、みるみる天気は良くなり、奥多摩駅に着いた頃には青空に恵まれ、初夏を思わせるような日差しに心も高揚しました。

今回のテン泊に向けて、揃えたのはニーモのタニ2p、モンベルのダウンハガー#2、イスカのゴアテックス製ワイドシュラフカバー、サーマレストのプロライトプラス女性用レギュラーマット、細引き3メートルx2、msrのミニグラウンドホッグテント用ペグx7です。これらを通常装備に合わせて、70リットルのザックにパッキングし、重量は15〜6kgほどになりました。水2リットル、ポカリスエット1リットルを合わせた重量になります。

はじめに予定していたルートは三峯〜雲取山山頂〜鴨沢でした。しかし、出発前からの悪天候と同行者の体調を考慮し、鴨沢からのピストンへルート変更することにしました。実際に蓋を開けてみると、低気圧通過後の晴天に恵まれ、同行者の体調も上向いたので、下山ルートを三条の湯方向に取ることにしました。

鴨沢から奥多摩小屋まではゆるやかな登りの連続で、体力的な厳しさを感じることはありませんでした。このルートの核心は奥多摩小屋から雲取山山頂までに何度か現れる急登と、三条ダルミから三条の湯までの細道でしょうか。三条ダルミからの細道は時折、崩落している箇所があり通行に注意が必要です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン