YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

夫婦 de 登山 vol.3 大山☆ (軽く遭難しかけたサバイバル登山ww)

Akiko☆さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:『夫婦de登山♪』を合い言葉に、カメラ片手に、色々な山へハイキングに行きたいと思っています(*^ー゜)

    山での出会いは、天気も景色も人も動物も食物も、その全てが素敵な一期一会です。日本の四季に感謝しつつ、 四季折々の様々な表情の山を楽しみたいと思います。
    もし山で見かけた際には気軽にお声かけください。

    登山頻度は不定期ですが、どうぞよろしくお願い致します☆
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1981
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2014/10/28(火) 09:14

 更新

夫婦 de 登山 vol.3 大山☆ (軽く遭難しかけたサバイバル登山ww)

公開

活動情報

活動時期

2014/10/25(土) 10:59

2014/10/25(土) 18:44

アクセス:625人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,354m / 累積標高下り 3,293m
活動時間7:45
活動距離13.80km
高低差973m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、飲み会明けの重い身体を無理矢理たたき起こして、08:30という遅出発で大山へ紅葉狩りに行きました。

片道3時間もかけてのろのろ歩きで山頂に着いたまでは良かったものの、美味しい山菜そばをいただき、初のガスバーナー持参でお手製珈琲淹れにチャレンジして、とだいぶのんびり過ごしたら、下山スタートがまさかの14:30。
更に富士見台から急激な天候悪化で雲の中にいるかのような濃霧で視界不良。
怪我をしないよう一歩一歩慎重に歩いて下山していたらケーブルカーの最終17:00に間に合わないというあり得ない事態へ(||゜Д゜)

日はすっかり落ち、ヘッドライトを点けても足元しか見えない暗闇の中をふらふらの身体を気力で動かし自力徒歩下山。
途中、目に入る「熊出没エリア」「落石注意」「滑落注意」の看板が目に入る度に生きた心地がしなかったil||li (OдO`) il||li

それでも。
遠回りでも安全をとれる女坂を選び、ひたすら「大丈夫。大丈夫。ゆっくり。慎重に。」と手を握ってくれていた旦那さんは流石です!!
ミニムカデにさされるハプニングにまで遭ったというのに、最後まで冷静で頼りになるその頼もしい姿は、男前通り越して神に見えました!!
野生の鹿の親子に出くわし、暗闇の中で4つの目がら光っただけで心臓止まる一歩手前だった私…ハイ、ノミの心臓ですwww

防寒具、ヘッドライト、形態カイロ、救急セット(ポイズンリムーバー含む)を常備していたのは不幸中の幸いでした。
低山アタックにしてはやり過ぎで笑われるかな、と思っていましたが、備えあれば憂い無しを身を持って体験した大山登山でした。

【追記】
山頂は食事を取れる場所が大きく二カ所あり、それぞれ用途が分かれてます。
売店前は、売店利用者のみの喫食スペースでガスバーナーの使用はNGです。
階段手前と階段下のトイレ付近には通常よく目にするテーブルセットがあり、ここはお弁当持参者やガスバーナーでの自炊が可能です。

ケーブルカーに間に合わず日が暮れてしまった場合には、遠回りでも女坂ルートをお勧めします。
途中、人感センサー付きの綺麗な個室水洗トイレもあります。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン