YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

一ノ越〜雄山(断念)〜雷鳥探し

かんたいさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:雨降る登山も好き
    テントを買おうか悩み中
    雪山への憧れ
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1988
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

立山

2016/05/07(土) 19:42

 更新

一ノ越〜雄山(断念)〜雷鳥探し

公開

活動情報

活動時期

2016/05/06(金) 08:15

2016/05/06(金) 14:58

アクセス:186人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,080m / 累積標高下り 1,115m
活動時間6:43
活動距離7.04km
高低差360m

写真

動画

道具リスト

文章

ホテル立山から雄山を目指します。

本格的な雪山は初めてだったので、
前日からアイゼンとピッケル練習
当日に備えて少しでも慣れておかねば

いざ登山当日!
曇りでしたが、ガスはなく見晴らし良好

スキーヤー、ボーダーを横目に一ノ越を目指します。
(来年は板を持ってこようと密かに決心)

一ノ越は見えるところにありますが
なかなか遠く、息が切れます。
酸素が薄い…吸っても吸っても満たされぬ肺
アイゼンで重い足を前に前に蹴り出します。

雪はかなり締まっていたので、軽アイゼンで登ってる人もいましたが、やっぱり12爪は安心出来ます。

最初は鬱陶しかったピッケルがたくましい相棒に変わるのに時間はかかりません。

一ノ越まで来るとその景色に言葉がでませんでした。
こんな景色に出会えるなんて、雪山は最高ですね!

一ノ越山小屋で少し休憩し、雄山へ

が、どんどん強くなる風…
予報でも悪くなる一方の天気…
岩と雪の不安定な足場…
目の前で滑落する登山者…

自分はまだ山に歓迎されていない。

体はまだ行ける!と熱を持っていましたが
断腸の思いで引き返しました。

また来よう。山は逃げない。
と誰かに聞いたのを思い出しながら

・・・

下りは滑るようにさくさくと

みくりが池の周辺を散策し雷鳥探しの旅へ
たまたまつがいの雷鳥を発見!
こんなに簡単に見つかるんですねー

雨が降ってきたので、ホテル立山に帰還

雨雲に覆われた雄山を眺めながら
帰ってきて正解だったと
不完全燃焼の自分に言い聞かせました。

今回はとても良い経験になりました。

いつかリベンジしたいと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン