YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

屋久島!宮之浦岳縦走1日目 白谷雲水峡・縄文杉

reiさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:カメ歩きですが、行きたいところ、やりたい事はたくさんあります!
    山ごはんも温泉ももちろん大好きです(^_^)v
  • 活動エリア:群馬, 埼玉, 長野
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:群馬
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

屋久島

2016/05/10(火) 10:18

 更新

屋久島!宮之浦岳縦走1日目 白谷雲水峡・縄文杉

公開

活動情報

活動時期

2016/05/06(金) 05:53

2016/05/06(金) 15:08

アクセス:580人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,644m / 累積標高下り 771m
活動時間9:15
活動距離11.54km
高低差889m
カロリー3261kcal

写真

動画

道具リスト

文章

GWに思い切って屋久島に行ってきました!
目的は宮之浦岳と白谷雲水峡の縦走です。

ホント思い切って行っちゃいました。
こんな遠征初めて、しかも今回は避難小屋に泊まる予定、ということで現地でガイドさんをお願いすることに。
本来は、1日目に淀川登山口から宮之浦岳へ進む予定でしたが、お天気の関係で白谷雲水峡から入ることに。
まあ、苔の森は雨の方が緑豊かでいいしね。

私のほかに2組一緒に登る人たちがいるはずが、なんとキャンセルが相次ぎわたしだけに…思いがけずプライベートガイドに…って、えーマジでー(^_^;)

前日にガイド協会で簡単な打ち合わせ、1日目の夕食と2日目の朝食、昼食や飲み物(コーヒースティックやスープなど)とレンタルをお願いしていたロールマット(200円)を受取ります。
当日の朝食・昼食は宿でお弁当を頼みました。

04:55宿ピックアップ→05:40白谷雲水峡入口到着→06:00登山開始→苔むす森→08:00太鼓岩→楠川別れ→大株歩道→11:30ウイルソン株でお昼→大王杉→夫婦杉→縄文杉→15:00新高塚小屋着

小雨の降る中出発。苔がイキイキしていてかなりテンションあがります。太鼓岩ではあまり展望はは望めなかったけど、高度感あり(1050m)で満足。
いやーそれにしてもホントに苔むす森が美しい!…わたしのカメラの腕では伝わりきれないですけど…
立派な名も無き屋久杉がたくさんあり、(樹齢1000年以上の杉を屋久杉というそう)今も元気な杉もたくさんあり、がっつりと生命力を感じます!
すでに枯れている杉もたくさんあるのですが、杉は成長が遅い分腐るのも遅いので(数百年〜数千年)その上に二代目や三代目の杉が育っています。
ウイルソン株は、とんでもなく大きな切株。10畳ほどの広さがある切株の中には祠もあり、昔は木材伐採の作業小屋としても使われていたとか…す、すげー。
ハート型もバッチリ確認♡雨をしのいでこの中でランチタイム。
大王杉の太さにも釘付け、そして縄文杉へ。
真正面には今年3月に建てられたというデッキがあります。今までの杉とちょっと違う…ガイドさんが言うには、観光客が見やすいように、縄文杉の前の木を切ったのだそうです。そのため陽が当たるようになり、杉が焼けて白くなったとか。もちろん苔も生えていません。むむー、そうですかー。
この杉が発見されたのは昭和41年だとか…奥地に太い杉があるという噂があって役場の人?が7年かけて探し当てたということです。当時は違う名前をつけたそうだが、地元新聞が「縄文時代のロマン」みたいなタイトルで紹介したので以後縄文杉になったとか。木の文様が縄文土器に似ているからという説も。
縄文杉にも試し切りの跡があるので、江戸時代の人たちはここまで来ていたのは確かのようですけど。

縄文杉から1時間ほど豪雨の中を歩き、新高塚小屋に到着。すでに10名ほどが休んでいました。
我らはネズミの被害が少ない2階へ。

そして悲劇が…ザックの下の部分に入れておいたシュラフなどが水浸しに…未熟なわたしは雨対策を怠っていました…水はザックの下に溜まるのです…(T T)
雨の中、ザックが重く感じていたのはこのせい。
シュラフをしぼり、シュラフカバーを中に入れて完了!

夕食のあとは、ガイドさんが差し入れてくれた「三岳」という屋久島の焼酎をお湯割に、鯖節とナッツで本日の労をねぎらいました!
明日の宮之浦岳山頂へに続く!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン