YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小辺路オーバーナイト縦走

たかGさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:マラソンからトレランへのお決まりパターンです。
    いつかは、テン泊とか憧れます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小辺路

2016/05/10(火) 12:09

 更新

小辺路オーバーナイト縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/05/07(土) 22:29

2016/05/08(日) 08:37

アクセス:194人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,432m / 累積標高下り 4,110m
活動時間10:08
活動距離49.78km
高低差1,101m

写真

動画

道具リスト

文章

念願の小辺路。
しかし翌日の夕方までに必ず帰宅しなければならなくなってしまい中止しようか悩んだ末、出発時間を早めて決行。
最終関門は、本宮発12:17のバス。
これに乗り遅れると夕方に自宅まで帰り着けない。

夜10:30高野山出発。
暗いのもじきに慣れてぼちぼち走る。
もうすぐ大股の下りで枯れ枝にひっかかりヘッドスライディング、幸い怪我なし。
伯母子岳へは結構きつい登り、山もいよいよ深くなってきて闇に目が光ってたり、ガサガサ音が、、、起こしてすみません。

当初、山頂で日の出を迎える予定が、まだ真っ暗、、、山頂はあきらめ小屋で10分ほど一服。

三浦口までの下り、、、、めちゃクチャ長い、延々下る。
崖の危ないトラバースも見えないので足下だけ照らして進むだけ。

ようやく白々としてきた頃に三浦口の集落。
やっと道路に出たら、ドンピシャのタイミングで村営バスが目の前にやってきた。
運転手さんが、話しかけてきて夜中に高野山から来たと言うと感心して自分の朝食用のパンとみかんをくれた^^感謝!

三浦峠の登り口でミスコース。
峠の頂上手前でおそらく鹿の白骨死体、、、角やったら真田丸に拾ってきたところやけど。

下りは、緩い傾斜のふわふわトレイルで最高!やけど時間が気になり出してきた。
里に降りて来ると道路と古道が交差してややこしい。あせりもあってミスコースで行ったり来たり。
ようやくオンコースで十津川温泉までなだらかな下りのロードで8k
8:50 十津川のホテル昴 着。
ここから残り3時間ちょっとで果無峠越えて本宮まで20kは行けそうもなく、小辺路縦走リタイア決定。
まだ午前9時なのに終了って、、、へんな感じ。
とりあえずビール飲んで温泉入ろうとしたら、日帰り入浴は昼からやった。
仕方ないので2k先の公衆温泉までビール飲みながら走る。

公衆温泉前のバス停でパンをくれた運転手さんと再会!。偶然ておもしろい。

帰りは、10:01発、奈良交通の日本一長い路線バスで五條駅まで。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン