YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

丹沢主脈縦走

いのとんさん

  • マイスター  ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:神奈川, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1958
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

丹沢山系

2017/05/27(土) 10:53

 更新
神奈川, 山梨

丹沢主脈縦走

活動情報

活動時期

2016/05/12(木) 07:28

2016/05/12(木) 16:19

ブックマークに追加

アクセス

180人

文章

今回は丹沢主脈を日帰りで縦走するという計画です。丹沢主脈とは丹沢山地を南北に連なる山脈で丹沢山地の背骨ともいえるものです。本来なら焼山、黍殻山も踏まないと主脈縦走にならないのかもしれませんが、焼山登山口へのアクセスが悪いので、青根より「八丁坂ノ頭」に登る所から始めることにしました。
中央線「藤野」駅よりバスで「やまなみ温泉」へ、そこで乗り継ぎ終点の「東野」から歩き始めます。
八丁坂ノ頭~姫次~蛭ヶ岳~鬼ヶ岩ノ頭~棚沢ノ頭~不動ノ峰~丹沢山~塔ノ岳と主なピークだけでもこれだけあります。いささか体力を要しますが、不可能な距離ではありません。山小屋が3ヶ所もあり一泊で縦走する人も多いと思います。
この日の天気は快晴という予報にも関わらず、途中雲に覆われました。海の近い丹沢山地ではよくあることで、平地は晴れていても、見上げる丹沢山地に雲がかかっているということも稀ではありません。
最も見晴らしの良い蛭ヶ岳からの眺望が得られないのは残念でしたが、これも山ではよくあることと諦めるよりほかありません。因みに以前蛭ヶ岳に登った時は富士五湖の一つである山中湖や、南アルプス、奥秩父、北関東の山山も一望の下でした。流石に神奈川県の最高峰です。
またこの山域は躑躅でも有名なのですが、まだ早く硬い蕾のままでした。恐らく5月下旬が見ごろと思われます。
大昔、丹沢山塊は太平洋に浮かぶ火山島だったそうです。それが長い時間をかけて今の位置に収まったといいます。それ故に山体が古く、しかも関東大震災後に起こった丹沢地震の震源地でもあったことから、崩壊しているところが多く、登山道も度々付け替えられてる所もあります。今後、どのように変化していくか気になるところですが、首都圏の傍らに、こういう広大な山塊が在ることは嬉しいことです。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間51分
  • 活動距離活動距離22.65km
  • 高低差高低差1,410m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り5,290m / 5,380m
  • スタート07:28
  • 4時間23分
  • 蛭ヶ岳11:51 - 12:02 (11分)
  • -
  • 蛭ヶ岳山荘12:02 - 12:02 (0分)
  • 1時間21分
  • 丹沢山13:23 - 13:26 (3分)
  • -
  • みやま山荘13:24 - 13:26 (2分)
  • 52分
  • 尊仏山荘14:18 - 14:26 (8分)
  • -
  • 塔ノ岳14:19 - 14:27 (8分)
  • -
  • 日ノ出山荘14:26 - 14:27 (1分)
  • 19分
  • 花立山荘14:46 - 14:48 (2分)
  • 24分
  • 堀山の家15:12 - 15:14 (2分)
  • 12分
  • 駒止茶屋15:26 - 15:29 (3分)
  • 50分
  • ゴール16:19
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン