YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

室生ダム~曽爾への道

Akibouさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:大学時代の先輩に誘われて山登りを始めました。
    身近な低山を中心に山登りを楽しんでいます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

倶留尊山・曽爾高原・住塚山

2016/05/22(日) 02:53

 更新

室生ダム~曽爾への道

公開

活動情報

活動時期

2016/05/15(日) 10:10

2016/05/15(日) 17:09

アクセス:87人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,653m / 累積標高下り 1,509m
活動時間6:59
活動距離21.73km
高低差715m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、思いつきで前から一度歩いて見たかった室生~曽爾への道を歩くことに。
ル-トは、室生ダム→龍鎮渓谷→龍穴神社→宇野川橋→クマタワ峠→国見山→若宮峠→曽爾保育園あたりでピックアップてな感じです。
歩き始めが10時過ぎだったので、歩けるかどうかわからなかったんですがなんとか5時過ぎには目的地につけました。

龍鎮渓谷前に、道が荒れていて迷いやすくなっているので室生寺に行くのは別のル-トで行ってくださいとの看板があったのですが何度か通っているル-トなので、大丈夫だろうと高を括って行ったところ案の定迷ってしまい、30分以上
ロスしてしまいました。^ ^;
やっぱり、忠告は聞くものですね。それにしても、途中から沢の様子が昔と全然変わっていて見る影もないいんだもん。

とにかく、そんなことでますます時間が心配になってきたので龍穴神社到着時、お昼を回っていましたが昼食は取らずキリキリ歩くことに。
宇野川沿を曽爾方面に歩き出して45分ほどのところに、南松の滝という滝があったのでそこで滝を見ながら昼食を取ることに。それがまた綺麗な滝で贅沢なお昼の時間になりました。

大分元気を取り戻したところでクマタワ峠を目指します。なんとなく時間も行けそうな感じになってきたのですが、
徐々に登りもきつくなってきて、クマタワ峠につく頃には結構疲れも溜まっていました。
ここから、国見山山頂目指すのはちょっと迷いましたがここまできたら「ええ~っい!!」て感じで行くことに。
以前は、降りてきたコ-スを今回は登ります。それだけに、嫌いな階段地獄があることも承知の上。
気持ちが折れそうになりながらなんとか頂上へ。あ~しんど。。。
思いつきでようこんなしんどいことするわ~、と思いながらも達成感を味わいつつ帰宅したのでした。

このコ-ス、歩くなら曽爾から室生に向けて帰ってくる感じにするのが正解でしょうね。^^;;

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン