YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高祖山(たかすやま)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高祖山・叶岳・飯盛山

2016/05/25(水) 14:18

 更新

高祖山(たかすやま)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/20(金) 08:10

2016/05/20(金) 09:15

アクセス:433人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 308m / 累積標高下り 197m
活動時間1:05
活動距離1.59km
高低差137m
カロリー313kcal

写真

動画

道具リスト

文章

鐘崎山(かねつきやま)から下ノ城址(しものじょうあと)を経て。 

鐘撞山の急坂を歩いたあとだからかもしれないが、鐘撞山山頂から高祖山までの道は天国のような道に思えた。

いや、大げさかもしれないが、高祖山から鐘撞山までも、鐘撞山から高祖山までのどちらを歩いても至福の道だと俺は言い切る!

さて、そんな至福の時間を過ごしていたら、下ノ城址についた。
テーブルや椅子があって、広いくつろげる場所になっていた。

高祖山方面から背の低い年輩の男性が歩いてこられた。

あいさつをかわすと、リュックから西日本新聞のコピーやカラーコピーの「広報いとしま」を出され、俺にあげると言われた。

昭和3年1月生まれの古川靖(ふるかわやすし)さんという方だった。88才。すごい!

小股でゆっくり歩く

時間を計らない

山自慢をしない

という三点を教えられた。

下ノ城址で、古川さんと30分くらい話していたかもしれない。

俺が、古川さんの名前を間違うので、その度に言い直されていた。(笑)

「古村さんはどちらに帰られるんですか?」
「古川です」

「中川さんはいつもひとりで歩かれてるんですか?」
「古川です」

「古本さんは、地下足袋で歩くんですか?」
「古川です」

みなさん、人の名前はできるだけ一度でおぼえるようにしたいものてます。

古川さん、貴重なご指導、ありがとうございます。
新聞記事も「広報いとしま」もしっかり読まさせていただきました。


173山目。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン