YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

恵那山山頂小屋に泊まってみた 1日目

masakatoさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

恵那山・大判山・神坂山

2016/05/25(水) 01:53

 更新

恵那山山頂小屋に泊まってみた 1日目

公開

活動情報

活動時期

2016/05/21(土) 10:57

2016/05/21(土) 16:10

アクセス:207人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,341m / 累積標高下り 1,361m
活動時間5:13
活動距離8.26km
高低差998m

写真

動画

道具リスト

文章

日帰りで登る度に気になっていた恵那山山頂小屋に泊まり、ご来光をと計画。せっかくなら初めてのルートで登りました。計画時には前宮ルートと黒井沢ルートの周回を考えましたが、前宮ルートが通行止めの為、黒井沢ルートの往復にしました。泊まりということでゆっくりスタート・ゆっくりペースです。娘のお古のザック55ℓにいろいろと詰め込み13キロに水4.5ℓと重量に挑戦しながらの山行としました。はじめて使用するザックで肩・腰位置の調整を繰り返し歩き少々へたりました。フレームの調整が必要でした。前置きはさておき、ルートは最初沢沿いです。本流沿いは水音が大きく熊鈴の効き目が不安なくらい。沢筋に入るとせせらぎの音なか鳥の声を聞きながら・・・お猿さんの声も聞こえると思っていると目の前を横切っていきました。行く手を見ると振り返って警戒してます。沢筋の途中の古い小屋前で一休み。二人組が抜いていきます。ルート半ばほどで野熊の池小屋に着きます。木立の中で新しいきれいな小屋です。ここでランチ。少し行くと野熊の池のほとりに、ベンチもありランチはここのほうが雰囲気も良かったかな。さあ、ここから尾根への登りです。尾根に出ると振り返って大川入山が目の前に。去年の阿智セブンを思い出す。南アルプスは聖岳・光岳などが霞んでます。一度鞍部に下り登り返して徐々に高度を稼ぎ、標高は2000m近くになりますが、山頂の下を巻くようにしばらく行くと水場です。この時期は雪解けのおかげで豊富な水量です。頭から水をかぶってへたりに気合をいれて石と根っこの間を登り前方にトイレが見えてきます。5月中は水洗の使用は不可です。山頂小屋に到着、先客の皆さんに挨拶、後からの人も含めて6人が泊まりです。百名山達成済のベテランさんや挑戦中の東北の方、星の撮影を目的の方など皆さんアルプスの話題が豊富で参考になりました。星は残念ながら満月で降るようなとまではなりませんでした。裏の岩上からの昼神温泉などの夜景が楽しめました。続きは翌日の日記です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン