YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

西丹沢自然教室~蛭ヶ岳ピストン(参りました。。m(__)m)

うりりんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年夏に49歳で登山デビューしました!
    それまでは、全く運動とは縁がなく、土曜日は前の週の疲れをとる日、日曜日は次の週に備えて寝だめをする日、という生活を送っていました。
    休みの日は録り溜めたテレビ番組をゆっくり楽しむのが至福のひと時でした。
    完全にインドアおじさんだった私ですが、2015年の夏に職場の方に登山に誘っていただき、軽い気持ちでついていったところ、2000メートルオーバーの本格的な山の洗礼を受けました。
    (群馬県の白砂山というお山です。)
    何の道具も持っていかなったので、スニーカーにチノパン、普通のTシャツというスタイルで登ったのですが全身汗でびしょ濡れ、下りでは両足の小指の爪をはがし、文字通りボロボロになってしまいました。
    今、思い返すと無謀だったと思いますが、おかげで、なぜ登山靴が必要なのか?なぜ登山用のザック、レインウェアが必要なのか?を身をもって理解することができました。

    それから4か月間、少しずつ道具を揃え、近所のハイキングコースを歩き、初めて塔ノ岳に登ったのが2015年12月でした。
    あれから一年が経ち、今も丹沢で山登りの練習を続けています。
    今までに丹沢以外で登ったことがあるのは、白砂山、富士山、平ヶ岳の3つだけですが、2017年は他の山にも遠征したいと思います。

    ということで、引き続きホームグラウンドの丹沢でトレーニングを続けたいと思いますっ!
    2016年、50歳になりましたが体力の衰えに抗いたいと思います。(^^)v

    YAMAPでいつもコメントやいいね!、スタンプを下さっているみなさま、とても励みになっていますので、これからもよろしくお願いします。m(__)m

    2016年12月14日 うりりん
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山系

2016/06/05(日) 12:45

 更新
神奈川, 山梨

西丹沢自然教室~蛭ヶ岳ピストン(参りました。。m(__)m)

活動情報

活動時期

2016/05/28(土) 06:08

2016/05/28(土) 18:16

ブックマークに追加

アクセス

1013人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間11時間8分
  • 活動距離活動距離18.22km
  • 高低差高低差1,130m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,453m / 2,440m
  • スタート06:08
  • 2時間34分
  • 檜洞丸08:42 - 08:55 (13分)
  • 1分
  • 青ヶ岳山荘08:56 - 08:58 (2分)
  • 3時間5分
  • 蛭ヶ岳12:03 - 12:55 (52分)
  • 2時間58分
  • 青ヶ岳山荘15:53 - 15:58 (5分)
  • 2分
  • 檜洞丸16:00 - 16:10 (10分)
  • 2時間6分
  • ゴール18:16
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

今回は西丹沢から蛭ヶ岳を目指してみました。
本当は日曜日のほうが天気がよさそうだったのですが、日曜日はゆっくりしたかったので土曜日に行ってきました。
西丹沢は4月に一度、檜洞丸から犬越路を歩いたのですが表丹沢とは別の雰囲気ですね。
檜洞丸から犬越路ルートはスリリングでした。

今回、檜洞丸までは順調だったのですが、予期せぬトラブルがいくつか発生し、ヘロヘロになって帰ってきました。
ちなみにsasaさん、ブックさんの縦走レポを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。m(__)m

今回のミッションは次の通りです。
 ①西丹沢自然教室~蛭ヶ岳ピストンを成功させる。(12:00までに着かなかったら撤退。)
 ②蛭ヶ岳のバッジを購入する。


このルートのピストンは、往路もきついですが復路の臼ヶ岳から檜洞丸の登りが特に辛かったです。
で、そのトラブルですが。。

 トラブル① 前日の雨で滑りやすくなっていて、3回コケました。1回目でズボンとザックを汚し、2回目でグローブを汚し、3回目で指を少し切ってしまいました。
 トラブル② 往路の臼ヶ岳から蛭ヶ岳に向かうところで道に迷ってしまい、気がついたら臼ヶ岳に逆戻りしてしまいました。
 トラブル③ 復路の臼ヶ岳を過ぎたあたりでオーバーヒートしてしまいペースダウン。臼ヶ岳から檜洞丸の登りがとんでもなくきつく感じ、なかなか先に進まなくなってしまいました。
 トラブル④ 帰りの檜洞丸で持参した水が底をついてしまいました。(見積もりミス)
 トラブル⑤ ストックが岩の隙間に挟まり、まっすぐ抜けずに片方がポッキリ折れてしまいました。(不注意)

そういえば、蛭ヶ岳から帰ってくるときに、一人で歩かれていたベトナム人の女性がいたのですが、13:30の時点でこれから蛭ヶ岳、丹沢、塔ノ岳、鍋割山に行き、西丹沢自然教室に戻る日帰り計画とのこと。時間的に難しい旨を伝え大倉尾根経由で下山されることをお勧めしました。

写真にも載せていますが、一か所分岐が分かりずらいところがありました。
左右どちらも正しい登山道に見えるので50%の確率です。右を選ばれた方は正解です。
左を選ばれた方は、あれっ?と思うと思いますが、そのまま斜面を突破するかたと引き返すかたに分かれそうです。
外国人のカップルは、斜面を強行突破していきました。
ちなみに私も往路で左を選んでしまい引き返した(つもりだった)のですが、臼ヶ岳まで逆戻りしてしまいました。。

<<<< 備忘録 >>>>
往路:西丹沢自然教室(06:08)~檜洞丸(08:43) 約2時間35分
   檜洞丸    (08:54)~臼ノ岳(10:21) 約1時間30分
   臼ノ岳    (10:25)~蛭ヶ岳(12:04) 約1時間40分

復路:蛭ヶ岳(12:54)~檜洞丸    (16:01) 約3時間05分
   檜洞丸(16:01)~西丹沢自然教室(18:15) 約2時間15分


ニョローンですが、雨上がりで湿った土と登山道脇の草、いかにも登場しそうな雰囲気ですが今回も遭遇しませんでした。
ホラー映画やお化け屋敷で、いつオバケがでてくるかヒヤヒヤするのと似た感じになってます。(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン