YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

風の平標山 青空の下の稜線歩き

reiさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:カメ歩きですが、行きたいところ、やりたい事はたくさんあります!
    山ごはんも温泉ももちろん大好きです(^_^)v
  • 活動エリア:群馬, 埼玉, 長野
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:群馬
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/06/20(月) 20:30

 更新

風の平標山 青空の下の稜線歩き

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 06:47

2016/05/29(日) 14:45

アクセス:535人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,389m / 累積標高下り 1,379m
活動時間7:58
活動距離13.71km
高低差1,057m
カロリー2808kcal

写真

動画

道具リスト

文章

谷川連峰の西の端っこ、平標山&仙ノ倉山に行ってきました。
去年、三国山を登った時に、その奥に平標山があることを初めて知ったわたし(^_^;)
行った方のヤマップレポを見て、行きたい想いが募りすぎて行ってきました。

新潟側の本橋駐車場から出発。
朝6時半時点で、第一駐車場はまだ余裕がありました。管理人さんがいないので代金600円は帰りに払うことに。
登山道に向かう所に登山者カードボックスありますが、筆記道具置いてないので持参しないとです。

まずは鉄塔&松手山を目指します。
初めから急登。まあ駐車場から鉄塔見上げた時にそう思ったよ。
そして松手山に。平標に続く稜線がキレイに見えます。振り返れば苗場山、こちらもステキな風景。
ここからは稜線歩き、でも地味に登りが続きます。
風が強く感じるようになり、次第に涙が…(乾燥したのね)風に飛ばされていきます。
とにかくここは風がツヨイ!
でもさらにツヨイのは仙ノ倉山に向かう稜線です。身体持っていかれます、マジで。
平標山頂、ここから土樽へ向かうコースと仙ノ倉山を経て万太郎山→谷川岳ルートの超ロングコース…、それから三国山に行く道が交差してます。
今日は仙ノ倉山へ。
この素晴らしい景色は感動モノなのですが、風が!
仙ノ倉山では谷川連峰を見渡すことができました。
帰りは平標山頂まで戻り、三国山方面の平標山の家方面へ下山。たくさんの方がランチタイムしていたのにちょっと驚き。どこからきたのかな。万太郎山から縦走?
三国山に下って行く人が多かったので、そちらからのピストンなのかも。

平標山、人気の山なんですね。
遠くまで見渡せる稜線はホントにウットリでした。
ただ見た目よりも稜線歩きは快適なものではなかったですが…(^_^;)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン