YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

丹沢征服を目指し、第七弾 鳥ノ胸山、畦ヶ丸 (丹沢強化月間のラスト登山!)

つるさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:家族に「山の徘徊中年」と呼ばれてます。
    陣馬が地元、中央線沿い、富士五湖、丹沢
    そして時々、奥多摩を徘徊中。
    ロングコースが好きなオヤジです(^_^)ゞ
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:鹿児島
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大室山(丹沢)・畦ヶ丸山・菰釣山

2016/05/30(月) 22:26

 更新

丹沢征服を目指し、第七弾 鳥ノ胸山、畦ヶ丸 (丹沢強化月間のラスト登山!)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 06:58

2016/05/29(日) 15:41

アクセス:210人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,538m / 累積標高下り 3,540m
活動時間8:43
活動距離17.20km
高低差618m
カロリー4266kcal

写真

動画

道具リスト

文章

丹沢強化月間のラスト登山という事で、名前が妙に気になる「鳥ノ胸山」、「畦ヶ丸」を
征服してきました!!

◆ ~ 道の駅「どうし」 ~ 吊り橋 ~ 鳥ノ胸山
前日の土曜日が天気いま一つだったので、あまり期待していなかったのですが朝起きてみると
快晴とは言わないまでも青空が見えるGoodな天
「これは・・登るしかネェな!!」
と・・バッと起きて、サクッとご飯を食べて、ザザッと準備して、ウリャ~~!!と出発!!
登山口となる「道の駅 どうし」に7:00到着してみると、車は少ないですがバイク野郎が大勢!!
天気が良いのでこの「道志みち」から「山中湖」方面へのバイク野郎が休憩中でした。
準備を終えて「道の駅 どうし」前にある吊り橋からスタートです。
吊り橋を渡り、キャンプ場を抜けて進みます。「鳥ノ胸山」と言うだけあって、道沿いの木々に
巣箱が取りつけられてます。道は踏み後もハッキリしていて、道標もあるので迷うことはありません。
 でも・・・急登ではありませんが、ソコソコの登りが山頂までズッーと続きます。 時々現れるヤマツヅジに癒されながら、ひたすら・・そして、ひたすら・・ハァハァいいながら 登り行くと山頂です。
山頂は木々に囲まれていますが、南?面(富士山方向)は眺望があります。
天気が良かったので富士山が”ヒョッコリ”頭を出してました。 この「鳥ノ胸山」は道志そしてキャンプ場が近いからでしょうか、「ボーイ、ガールスカウト」の 登山達成記念の手作り看板がいくつかありました。 「良い記念になったのかな」と微笑みちょっと癒されてオヤジは休憩です。

◆ ~ 大界木山 ~ モロクボ沢ノ頭 ~ 畦ヶ丸
休憩後、まずは浦安峠を目指し進みます。急な下り道が続くので足元注意です。時々、虎ロープもあります 、この辺りから、小虫、小バエが増えてきます。 時々、給水や汗拭きで立ち止るとまとわりついてきます。 「シッシッ!!!」と虫達を払いながら行くと浦安峠です。
この降りた所から、左(道志方向)に歩き100m程進むと、左側に「大界木山、登山口」の古い道標があり その向かい側が「登山口」になってました。(踏み後がハッキリあります)
ここから「大界木山 ~ 畦ヶ丸」ですが道幅せまし、ササやぶ道が続きます。
まだ、ササが育っていませんでしたが、夏場は「ヤブこぎ」道になるのかな??
そして、登りつくして、尾根道を行くと「大界木山」に・・でも、展望なしの地味な山頂でした。
 ここで”小虫、小バエ”を払いながら休憩したのち、「畦ヶ丸」へ
 分岐点となる「モロクボ沢ノ頭」に向かいます。この道「東海自然道」ですが、道幅が狭い道が続きます。
そしてササ藪道なので分かりにくいですが、意外に痩せ尾根道です。時々、切り落としの道があるので注意!  道自体は、踏み跡シッカリのテープありなので迷うことはありません。
でも・・・アップダウンがあるんです~~!!
「はらへった~」と呟きながら、進みます。
そして、ついに「モロクボ沢ノ頭 」に到着! ベンチがあるので休憩。
で・・ここまでの「道志」からのルートで、すれ違った人・3人!! マイナールートなんですね。
気を取り直し、「畦ヶ丸」へ。  下って、登ってなんですがザレ道があるので注意です。
そして・・「畦ヶ丸」山頂!! 西丹沢からの登山人もいるので賑わってました。

◆ 畦ヶ丸 ~ 城ヶ尾峠 ~ 道の駅「どうし」
畦ヶ丸で昼食。今日はチキンラーメンにゆで卵やハムなどを入れた「豪華ラーメン」と
ワクワク・・・・・「ああっ!! 具材が・・・ない! 家に忘れた・・・ガクッ」 ということで、
見事な「素」チキンラーメンが昼食となりました(T_T)/~~~
昼食後、気を取り直し下山開始。 帰りは、城ヶ尾峠からの下りコースです。
登って来た、大界木山を過ぎて城ヶ尾へ。
時々、痩せ尾根道があるので注意ですが 歩きやすい道が続きます。で、誰にも会うことなく、快調に進んでいくと ベンチのある「菰釣山」との分岐へ。ここから下って行きます。
地図には「危」マークがあるので、どんなところかとチョット、ビビリながら進みます。
いくと崩れおちたザレたトラバースの道でしたがロープが張ってあります。
ロープをつかみ、足元に気をつければ大丈夫です。あっというまに終了でした。
雑木林、杉林をひたすら下って行くと登山口に到着!
ここから、キャンプ場をぬけて道の駅「どうし」に向かいます。
この林道歩きが・・・長かったです。キャンプ場を抜け、修行僧のように黙々と歩きます。
キャンプ場をぬけた辺りから、水田が広がる道志のノンビリした風景に、ちょっと癒されました。
そして道の駅「どうし」に到着。

#.結局、このルートですれ違ったは3、4人。
 畦ヶ丸山頂で10数人と非常に少なかったです。
ちなみに大界木山までは誰にも会いませんでした。
実は「菰釣山」~「山中湖」の登山も考えているのですが・・・歩いている人がいるだろうかと
少し、不安になってしまいました(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン