YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大雨の「山口郷の沢」

Yoshikiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸から鹿児島へ。
    単身赴任も、とうとう4年目に突入(あと、どのくらい鹿児島に居れるのだろう・・).

    南九州ならではの山登り。。
    「もうこれは『沢登り』しかないな..」
    冬でも楽しめるのが南九州の魅力。

    熊本在住の九州沢登りの第一人者をご紹介頂き、また福岡からは岩登りのスペシャリストも合流。鹿児島からは沢好きが集まり、熊本の五木エリアで「新規の沢開拓」に同行させてもらっています。

    「沢登り」は山登りのすべての要素が必要だとか・・。
    また「何でもあり」で、使えるものは何でも使います。
    木の根っこだろうが、前を登る人の足首だろうが、膝をついても、顎を使っても構いません。ルールはひとつ・・
    「落ちたら負け!」
    これだけです。「嵌る」とこれほど面白いものはありません。
  • 活動エリア:鹿児島, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

仰烏帽子山

2016/05/29(日) 20:47

 更新

大雨の「山口郷の沢」

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 08:01

2016/05/29(日) 12:15

アクセス:191人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 617m / 累積標高下り 692m
活動時間4:14
活動距離5.41km
高低差278m
カロリー2044kcal

写真

動画

道具リスト

文章

(この軌跡データもYAMAPの収録地図外ではあるが、山仲間に頂いたデータをお借りし、アップさせていただいた。
色々なことが出来るから面白い)

久し振りの「大雨の沢」。

普通に考えると、シャワークライミングだから「雨」も「滝」も一緒のように思えるのだが、
全く「似て非なる」もの。。

「雨」は寒い・・
常に体が濡れているので、立ち止まると急速に体温が奪われていく。
レインは着ているが、シャワークライミングで濡れた体が乾くことはない。
晴れていればレインを脱げばすぐ乾くのだが、雨は却って体を濡らすだけ。

今回も「新規開拓」。入渓地であまりの水量の少なさに「?」と思ったが、
案の定、あまり記憶に残るとは言い難い「沢」だった。
ただ「沢」には失礼な話なので、いつものように「お神酒」を進呈し、
(今日も楽しく遊ばせてください・・)
と祈る。

行程が短くお昼前には降りてきたが、もう「土砂降り」。
昼食を何処で取るかを迷っていたが、地元「山口郷」の「集会場」があり、そこが借りれないか、
近くのお宅へお伺いをたててみた。
気持ちよく「集会場」を貸してくれた地元の方に感謝、感謝!

「沢」の入渓地付近では「集落の水源」になっているところが多く、生活水の一部でもある。
道すがら地元の方々とお話をさせて頂く機会も多い。

そういった側面でも、本当に沢登りは「おもしろい・・」。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン