YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

待ちに待った初フォトロゲイニング

akoboo さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:山は歩くもので走ったらいかん! と言う登山愛好家の同級生をトレランに巻き込んで近場の山で登山者の人たちに迷惑かけないよう縁っこをヨボヨボと走ったり歩いたりしてます(^^)
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

四日市市

2014/12/03(水) 06:47

 更新

待ちに待った初フォトロゲイニング

公開

活動情報

活動時期

2014/11/30(日) 08:36

2014/11/30(日) 10:27

アクセス:504人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 701m / 累積標高下り 695m
活動時間1:51
活動距離6.71km
高低差70m

写真

動画

道具リスト

文章

【待ちに待った初フォトロゲイン@四日市市八郷小学校】

地図が保存されない不具合機種Urbanoなので利用時は毎回新たに
ダウンロードする地図を、スマホがスリープ状態になるとまた
未取得状態に戻りDLし直さなきゃなので、出かける直前に取得し
即スタートさせて終了後に不要な軌道を切り取る作業をしてるのだけど

今回も朝、DLしたら・・・あらまっ! 地図が表示されてるじゃん♪

毎回新たにDLする地図は、ログは録れても起動時は画面が真っ白け~
とゆぅ不具合が生じるのは再セットアップ前に使用歴のある地図にのみ
起きる現象で、そぃや以前ほぼ99%行きそうもない東北のお山mapを
試しにDLしたら、アプリを再起動してもちゃんと生き残ってたことを
今さらながら思い出し(SDカードを替えたのでもう存在してないけど)
どぉやら四日市mapは今回初DLらしく、アプリ終了しても残ってるかも!

と一抹の期待(とゆぅ言葉はないが)を抱いたものの、万が一現地で
再起動したときに表示されなくて再DLする手間(と電池)を惜しんで
家を出るときスタートさせ、バッテリー節約のため機内モードにしたら
Mちゃんからの遅刻メールをスルーしてまう不義理を働いてしまったが

定刻通り集合場所に来てくれたPさんのおかげで連絡には支障なく
会場に先乗りした私たちは、Mちゃんと無事スタート前に合流でき
作戦会議中にお着替えしながらチト浮いてるかなぁ、、、と心配する私に
「本人よりチーム員が恥ずかしいわなぁ」と相変わらずのPさん毒舌も
お天気に恵まれ楽しく初体験できたので今日は許したる( ̄▽ ̄;

と前置きが長くなりましたが、タイトルとおり『初の』フォトロゲイン!

そのルールは蛇足になるかと思われ、ご存知ない方は↓コチラを
http://photorogaining.com/
今回のイベントの詳細は↓コチラをご覧いただければ幸いなり♪
http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/item57063.html#itemid57063

いゃもう、写真好き(もちろん撮られるほうが)の私には最適な企画!
と参加する前から期待してた以上に超オモろ~!
巡ったポイントとその説明は写真コメントを見てちょ~だい♪

フォトロゲの特徴である『決められたポーズで撮影』にばかり注視してましたが
もともとはオリエンテーリングの要素が大きく、順路を考えたり地図で探したり
効率よくポイントを巡る作戦力も必要ですし、そのポイントは歴史建造物だったり
地元の風光明媚だったりで、勉強にもなりハイキングとしても楽しめて一石二鳥
どころか三鳥四鳥な盛りだくさん具だくさん! ランナーの端くれとしては
より多くのポイントを速く回って距離(とポイント)を稼ぐのを最優先しがちで
今回は慌てたけど、ゆっくり地図上の名所を堪能するのも一案だったかと。。。

ってもレース(ちゃうがな)中は、やはり次々にポイント制覇が面白くて先を急ぎ
オリエンテーリング要素が大きいゆぇにちゃんと貸し出されたコンパスを
メンバー誰一人使えなく(笑)次なる目標地点を見つけるのは肉眼が主体(^^;
なので終盤で目指した神社だと思ったのが、ポイントにない別のお寺だったのは
痛恨のミス! てか成るべくして成った失敗で大幅に時間ロスしちまった(><;

その軌道修正に、すでに電池切れ寸前でYAMAPは終了させてたスマホから
グーグルmapで現在地&目標物を確認しのは反則だったのかどぉか。。。
とにもかくにも便利な時代になったおかげで迷子にならずに済んだのだけど
面白いと思ったのは集計方法が、こんな便利な時代なのにチーム集計はもちろん
集計確認もスタッフによる手作業ならば、その掲示方法も超アナログなのだ!

てことは事前に読んでた説明書で知ってたけれど、もし自分で企画するなら
ネット上に登録した写真ポイントに参加者ごとにログインして画像アップすると
自動的にポイント加算され・・・とか漠然と考えてたのだけど、コレ手作業だから
面白いと思ったし待ち時間がそれほど長いわけでもなく(スタッフ多いでね~)
何でもネットでパパッとできちゃうよりアナログだからこその楽しさもあり♪

なので文化の道マラニックとコラボ、なぁんて発想は準備が案外たいへんそうで
今回くらいの参加者がいてこそ競技性も生まれ燃える要素のひとつともなるし
かといって大勢すぎる(てことは文化の道マラではありえんが)と収集つかないし
などなど、審議の余地多々だけど想像(妄想?)の翼は広がるのであります

そそ、私たち的にはスッゴク健闘したのだけど巡れたポイントは39か所中の10(^^;
高得点ポイントを重視したものの総合点595(くらい)で優勝チームの半分以下
やっぱ作戦と経験がモノを言い、走力だけに頼らず知恵が必要な競技なのだな~
一般クラス入賞チームは、偶然お会いした超お久しぶりのラン仲間でした(*^^*)
ま、私たちもタダでは帰らん、てゆぅか飛び賞に白菜をいただきました♪

そして帰宅後その翌日も、四日市mapは取得済み緑色アイコンが輝いてます オワリ

追記:YAMAPはルート上に撮影ポイントが表示されるのがお気に入りのひとつですが
   今回はデジカメ使用のため、時計が遅れてたらしくタイムスタンプがズレちまったぁー(^^;

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン