YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

新立山(しんたてやま)=権現山(ごんげんやま)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

湯川山・孔大寺山

2014/12/17(水) 12:30

 更新

新立山(しんたてやま)=権現山(ごんげんやま)

公開

活動情報

活動時期

2014/12/12(金) 21:15

2014/12/12(金) 21:15

アクセス:481人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

2つの名前をもつこの山に登るのは次回予定だった。下見を兼ねていったのが正午前。なんとなく下見を兼ねて行けるとこまで歩くつもりで、最後まで歩いてしまった。
午前11時正助ふるさと村駐車場着。ここでトイレをすませるべし。正午出発。なだらかな道で気持ちよい。
「新立山山頂」の立札が多い。竹林に入る。やっと山道らしくなってくる。ここで体験したのは風の音、風の唸り声、風のささやきだった。
12時40分頂上着。北側には新立山の立札。南側つまり宮若市側には権現山の石碑。宮若市側の風景がきれい。西側には玄海灘も見えた。

下山は平山方向に歩く。道が濡れていて滑りやすい。ただただ足先に神経を集中させて一歩一歩確実に降りて行く。このときは過去の女性のことも、家族のことも、貯金がなくなりつつあることも、将来の不安も考えずに歩く歩く。
竹林が美しかった。ただ竹林は泣いたり、哭いたり、鳴いたり、言葉のような音もだすので気味が悪く後ろを何度も振り返った。
麓に着いたなあと思った瞬間に雨。いやよくみるとライトダウンの服の上を白い粒々が転がって遊んでいるようだった。霰が降りだしたのだ。彼方には正助ふるさと村の建物がみえはじめたので、ゆっくりあるいて今日の山歩きを終えたのであった。

反省点。「超低山歩き初心者の僕」にもうひとりの「超低山歩き愛好家の僕」がはじめての山ひとり歩きの「初心者の僕」に写真で案内するつもりで撮っていたらやたらと写真枚数が増えてしまった。20枚くらいで山の大まかな案内にすべきだと思った次第です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン