YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

遠見岳(とおみだけ)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

西山(鮎坂山)

2014/12/20(土) 23:13

 更新

遠見岳(とおみだけ)

公開

活動情報

活動時期

2014/12/15(月) 09:45

2014/12/15(月) 11:39

アクセス:460人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 490m / 累積標高下り 477m
活動時間1:54
活動距離3.36km
高低差280m

写真

動画

道具リスト

文章

超低山歩き愛好家コックンです。宮地山、在自山、許斐山、新立山(権現山)につづいて遠見岳(323m)にのぞみました。報告するほどの山ではありませんが、超低山歩き愛好家にとっては重要な山なのですぞ。
今回はこれまでの山歩きといくつかの点を変えてみた。参考になるかならないかわからないが記録しておく。
山歩きの下着についてである。前回までの山歩きは香椎浜イオンで夏に買った上下のラッシュガードっぽいのを着ていった。これは夏から愛用してるのだが汗をかく動きをする場合は実にいいのである。暑ければ涼しくしてくれるし、寒ければ保温してくれるのである。
で、今回はユニクロのヒートテックを着て山歩きを試みたのである。結果は×だった。汗をかくのは同じなんだが、やはり下着に汗が残る感じが不快なんだろうと思う。繊維や服地の専門家ならわかるのだろうが、僕には感覚的にしかわからないんだ。

ほかには、杖(登山用語で何て言うの?)をついて上り下りしたが、これは便利だった。ただのゆがんだ棒きれだったが、特に下山のとき助かった。杖をついての山歩きは初体験だった。

次にCanonのデジカメSX50HSを首からぶらさげてもっていったが役立たずだった。100倍ズームが魅了で衝動買いしたのだが、月を撮るときくらいしか役立たずカメラなんだ。ただ、せっかく持ってきたから撮ったのは、立花山のてっぺんとか博多湾だとか福岡タワーを遠見岳から撮ったというだけかな。

双眼鏡も持参した。これはなかなかよかった。OLYMPUSの8×21RCとか書いてあるオマケのような双眼鏡なのだが、邪魔にならずいいと感じた。

前回GPS使って下山したら電池が空っぽになってたので、携帯充電器PanasonicQE-PL202も持参した。頂上で充電器につないで降りてきてみたら電池が95%だった。

成果。今回の成果はヒートテックが山歩きには向かないこと、重いカメラは不要なこと、杖、双眼鏡、携帯充電器はあったら便利だということがわかった。また、駐車場で準備体操をしっかりやった自分を誉めてあげたい。
伊野神社に参拝して下山して参拝するまで誰とも出逢わなかった遠見岳山歩きだった。おしまい。最後まで読んでくれてありがとうございます。ではまた!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン