YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

我が家から見える山 西山~犬鳴山縦走(途中で断念)

forestさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:福岡近辺の低山を夫婦で週末登山してしてます。
    見かけたら声をかけてください。

  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

西山(鮎坂山)

2014/12/25(木) 23:03

 更新

我が家から見える山 西山~犬鳴山縦走(途中で断念)

公開

活動情報

活動時期

2014/12/23(火) 08:23

2014/12/23(火) 16:26

アクセス:414人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,007m / 累積標高下り 3,982m
活動時間8:03
活動距離20.32km
高低差618m

写真

動画

道具リスト

文章

我が家からは、三郡や脊振の山々を見ることができます。ただそれは天気の良い日だけで、天候が崩れると全く見えなくなります。一方ここに引越して以来、ほぼ毎日居間の窓から見える山があり、それが「西山」という名前だと知ったのは、割と最近です。今回はこの山に登ってみることにし、ついでに犬鳴山まで縦走することにしました。
【犬鳴ダム(司書の湖)】堰堤横の駐車場(旧レストハウスに車いす用トイレ有)に駐車し、堰堤を横断して周回道路を奥へ進み、登山口を目指す。周回道路の最奥部には親水公園があり、子供たちが小さい頃は、よくバーベキューに訪れていました。水洗トイレもあり、小さな子供が水遊びできる整備された公園でしたが、現在は不明です。
【タタラ谷登山口】九電の作業道となっており、結構急登ながら階段も整備されている。途中の鉄塔回りにネットが張ってあるが、表示もなく迂回路が分かりにくい。しばらく進むと未舗装の作業道路(林道)に出会う。
【林道】10㎝以上の残雪がある。低山ながら思いがけずスノートレッキングとなり楽しい。人の踏み跡はないがいろいろな動物の足跡が無数にある。写真以外にもいろいろな形が見られた。何の動物だろう。
しばらく雪道を楽しみ、林道終点へ。ここから登山道への取付きがわからず、30分ほどロスタイムの後、何とか登山道へ復帰。その後は西山山頂まで分かり易いルートとなる。
【西山山頂】山頂の表示は「鮎坂山」。眺望はなく、期待した我が家も見えず。小休止後、こもの峠へ下る。
【縦走路】この下りは、ロープがあるものの残雪と落葉のためズルズル滑る。こもの峠から尾根道まで、急登となるが、この登りも滑りやすい。尾根道は残雪も少なく乾いており、アップダウンを繰り返しながら順調に通過。
途中の鉄塔下の広場で昼食タイム。本日はボルシチ風リゾット。
昼食後更にアップダウンを繰り返す。途中で分岐標識を見落とし再び15分ほどタイムロス。
【猪野越分岐】標識に従い犬鳴山方向へ進むが、途中の斜面をトラバースするところが、道が狭いうえ残雪が溶け始めて滑りやすくて歩けない状態。体を支える木立もなく、あきらめてUターン。猪野林道からの迂回路も見つけられず、時間を考慮し下山を決意。ダムへ下る標識があり、暫く下るもこのルートも荒れ放題。このまま進めば林道に出会うのは間違いないが、コンディションに不安がありしばし思案。初めてのルートで無理は禁物と再びUターンし、ダムと逆方向の猪野方面へ下ることにする。
【猪野林道】歩道林道を1時間ほど下って、猪野へ。「茅乃舎」に立ち寄り土産を買いお茶を頂いた後、タクシーでダム湖畔へ戻った。

今回は途中断念となりましたが、再度挑戦したいと思います。 記憶に残る登山となりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン