YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2015-01くじゅう01登り初め

しげじーさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:大分, 福岡, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/01/04(日) 20:43

 更新

2015-01くじゅう01登り初め

公開

活動情報

活動時期

2015/01/03(土) 07:06

2015/01/03(土) 15:08

アクセス:279人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,188m / 累積標高下り 2,191m
活動時間8:02
活動距離12.32km
高低差467m

写真

動画

道具リスト

文章

2015年登り初め
2015/01/03くじゅう 牧ノ戸峠0706→0740沓掛山→0815ブロッコリーの丘→0838扇ヶ鼻分岐→0940星生山→1018星生崎→1038久住山避難小屋→1115久住山1138→1200御池→1230中岳→1250天狗ヶ城→1322久住山避難小屋1340→1407扇ヶ鼻分岐→1419ブロッコリーの丘→1446沓掛山→1508牧ノ戸峠

昨年の登り納めはくじゅう中岳、天狗。今年の登り初めはやはり盟主久住山でなくてはならない。元旦二日の荒れ具合から雪の状態も良かろうと天気予報を見て急遽三日に決定。
大分道は玖珠からチェーン規制、九重ICで高速降りて、圧雪路を走る。6時半頃牧ノ戸着。準備して気温零下7度の牧ノ戸から取りつく。扇ヶ鼻分岐で急遽星生山を経由しようと思い立ち左手へ。ところが先行者も少なく足跡たどるも少しずれると膝上までもぐってしまう。星生西尾根に出ると強風が出迎え。なんとか山頂に立ち、星生の小窓から阿蘇、肥前ヶ城などを見て、星生崎から避難小屋を経て、久住山へ。ここが凄い強風で、山頂に立ったらすぐ風よけの場所へ移動。おにぎりなど食べてると手指先がかじかんできた。早々に切り上げて、御池へ。池の小屋へ行くも満杯の状態、中に入るのは止め、上宮跡へ。そして中岳~天狗ヶ城へと回り西千里経由で帰還した。天候にも恵まれ、最高の登り初めだった。
ホッカイロを手の甲に入れられるミトンを今回はじめて使ったが、これが指先防寒対策に効果抜群だった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン