YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三上山♪

みささん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:4歳から11歳までの子ども5人と登山しています♪
    2014年9月から登山開始!
    比叡山3~4回、伏見稲荷大社の稲荷山、比良山の青ガレを見てとても行けたもんじゃなく下山。
    2014年12月からヤマップに登録!
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

三上山・鏡山

2015/03/16(月) 13:53

 更新

三上山♪

公開

活動情報

活動時期

2015/01/10(土) 11:28

2015/01/10(土) 17:35

アクセス:1214人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,435m / 累積標高下り 3,407m
活動時間6:07
活動距離16.03km
高低差412m

写真

動画

道具リスト

文章

今日こそは山頂まで行くぞーー!!
今年初めの登山が頂上に行けず不発だったので、日にちを早めて確実に登れる山を探すことに(●´ω`●)ゞ

駅から近くで行ったことのない山で初級を探してみるものの見当たらず、中級なら三上山がヒット!!
まだ知識もない時に上級コースに行って惨敗したので、初の中級は大丈夫だろうかという一抹の不安はあったものの、雪山ではないしトライしみようと私の独断と偏見で決定Σ(・艸・○)

迷子は避けたいと思い、本(関西日帰り山歩きベスト100)の通りに行ってみると、歩車道境界ブロックが多く長い。・゚・(*ノД`*)・゚・。
5の子がコンクリートブロックの上を歩きたいと意志が固いので、歩かせていると時間がコツコツと過ぎていく…
これはまずいなぁ…
去年を思い出す…
比叡山での下山中、光は太陽だけにしか思えない場所で夕日となってしまった。太陽が沈んでしまったら真っ暗闇が襲ってきて少し前すらも見えない状態がやってくるのが想像しただけで分かった。危険と恐怖から子ども達に走れと言い放ち、子ども達も今まで見たことのない真剣さで無我夢中で走って下山してくれたことがある。その日から下山時間を踏まえた上で登山するようになり、前半の時間ロスにはかなり気をつかうようになった。
でもワクワクしながら楽しそうに渡っている姿を見ていると、子どもの頃を思い出す。自分もコンクリブロックを平均台のようにしながら遊んだ懐かしい思い出が、この子達にもさせてあげたいと願うのだ。
どっちが勝つかと言えば後者だろう(〃ノωノ)
最悪頂上に行けなかったらいいのだもの(涙)
飽きるまではさせてあげられないけど、5の子がおんぶされてもいいよというところまで冒険させてあげることにした(●´ω`●)ゞ
あとの子ども達には悪いけど、おんぶしてから早歩き(笑)

この山は単独で存在しているので見つけやすい!!
あれに今から登んねんで♪と言いながらも、標高432mには思えないほどの威圧感がある…
今からこの山に登るのかぁ…でかいなぁ

登山口につくやいなや、お食事してくださいと言わんばかりの休憩所があり、早速子ども達は「ここでご飯食べよう!!」と椅子に座る(笑)(*´艸`*)
チキンナゲットは子ども達はおいしいおいしいと言いながら食べていたのでアリやなぁ(w´ω`w)
とろろ昆布はやはり大人の味やったか…誰も手をつけないwナシやなぁ(〃ノωノ)
と次に持っていく時の教訓が出来ました(笑)

調整された道は始めだけで木の根と土の急な登り道が続き、さすが中級と思うもののそれは序の口でしかなかった(pдq`。)
岩場に入り更に急な登りを味わうことに…
山全体の地面が濡れていて滑りやすく、子ども達も何回も滑ってこけていた。
そんな中5の子を安全に登らせないといけない心理的重圧は半端なかった。
でも前まで履いていた運動靴だったらつるっといっていただろう場所も、登山靴にしてあからさまにストップが効く!!
こんなに違うんや…買ってよかった♪とは思うことは出来た(笑)

表でこんなんやったら裏ってどんなんや…
さすがにこの道を下山するには危険すぎるやろ…
子ども達の落下する姿が見えてしまう…
今から引き返すにも引き返せない場所まできてるよなぁ…
でぇぇーーい!!進むしかない!!
子どもが滑らないように気を張っていたからか、それとも体力的に疲れたのか分からないが、頂上についた時には足にきてた(*≧∀≦*)

社の前では私たちに声をかけて通り過ぎて行ってくださった大人の方達が、待ちわびていたかのように私に喋りかけてきてくれました(*^^*)
やはり下山が気になるらしい(笑)
ありがとーーーー(´。✪ω✪。`)
私も下山が気になります~~(〃ノωノ)

話しによると裏の方が帰りやすいらしい。まだもう一つある一番安全な山道もあるんだけど、遠いから時間が間に合わないだろうとのことだった。
そして3、4人の方達が一緒に裏通りを下山してあげると言ってくれ、私はもちろん甘えさせて頂くことにした(●´ω`●)ゞ

表とは違って裏の方が急な坂道はあるものの、無理というか拒否してしまいそうな場所はなかった。ホッとしたwなんしか表のイメージが強すぎる(笑)

登山口までご一緒してもらって親切な方に感謝しながら、別れてしまうのが寂しく感じる。
登山で以前にも2度親切にしてもらったことがある。
うるさいであろう私たちに最後まで付き合ってくれて、本当にしみじみありがたいなぁと思う。
親切にして頂いて、心からありがとうございます。

子ども達が何やら騒ぎ出して、靴を見ながら「めっちゃ汚れてるー!!」と見合いっこしてる!!
どれどれ…
ほんまやー!!Σ(O∀oノ★)
泥だらけ(笑)
さすがにすごい山道やったもんなぁ(●´ω`●)ゞ

帰りは三上山を見ながら、登ったんだ♪あの山に♪と堪能しながら、たまに現れてくれる三上山を見ながら、車の通らなさそうな道を選び駅に向かった(o´∪`o)

前回登山靴を履き足首がすれて痛かったので、厚手の登山用の靴下買いました。・゚・(*ノД`*)・゚・。
んー…出費が痛い(*>ω<*)
でも履けば違うんだなぁΣ(゚Д゚ノ)ノ
足首が痛くて歩きたくないということもなく、無事帰り着くことができた(´✪ω✪`)
もう登山で出費をしたくない私だが、きっと40ℓか50ℓ用のザックを買わないと、量のバランスが取れないだろうと思うこの頃でした(〃ノωノ)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン