YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

金峰山で雪山歩き

たけぽんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:丹沢周辺をよく歩いています。ときどきクライミング。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2015/01/12(月) 02:47

 更新

金峰山で雪山歩き

公開

活動情報

活動時期

2015/01/10(土) 07:46

2015/01/10(土) 15:36

アクセス:152人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,420m / 累積標高下り 1,419m
活動時間7:50
活動距離10.80km
高低差1,073m

写真

動画

道具リスト

文章

瑞牆山荘にて前泊。
朝から金峰山に登りに行きました。

天気は晴れ。

はじめての雪山登山。はじめてのアイゼン装着。

樹林帯での歩きは、風も少なく、急激な坂も少なく
歩きやすく感じました。

ただやはり、止まると寒いです。
歩いているときは大丈夫でしたが、分厚い手袋でも(止まると)指先が痛くなります。
休憩中、ザックから水をとると若干凍り気味。
それほどの寒さでございました。

樹林帯を抜けて、山の稜線に出ると絶景です。
が、風が強くて(これでも弱い方とのこと)一気に体温が奪われます。
稜線の歩きはとても景色が良くて最高でございました。

頂上では八ヶ岳方面は雲が多かったですが
富士山がきれいに見えました。

天候、コンディション良く、ピッケルは利用することなく
ストックのみで十分対応出来ました。
バラクラバもありましたが利用せず。

人気の山のようで、人もけっこう歩いておりました。
おかげで道中は雪が踏み固められており
道を外れない限り足が埋まってしまうこともなく、
快適に歩くことができました。

今まで感じたことのない寒さ、風の強さ。
それでも、雪山初心者にとって金峰山はちょうどいいと感じました。

個人的には下りがとてもこわくて、足に力が入りすぎ。
下りを上手におりるのにはコツがいるようです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン